nanto-e.com archive

田中幹夫のちょっと一息

24年前初めてネパールを旅したときのまったりした時間を思い出す。利賀に住み、自然に向かい、そばを打つ。そんなゆっくりした時間がいい。ネパールでのひとときのように。ちょっと一息入れましょう。人が好き!南砺が好き!利他の心でまちづくり!「吾唯知足」「知足利他」

平成24年度初日を迎えて

2012年04月01日
今日から4月。春。出会いと出発の月。
そして今日から平成24年度のスタート。

昨年の3.11以降私たちは何が変わったのか。
3月24日から南相馬を中心に職員派遣を行い。10月からは長期派遣。今年も続けて支え合いたい。多くの職員や市民が被災地を見て、感じて今後どういった行動をおこしていくのか?
南砺市の防災、安心安全に対する備え、有事の時の対応に活かされることは当たり前。モノの見方、考え方にも変化がおこるだろう。

都会と地方の関係の見直し、価値観、特に南砺の価値を見直しさらに磨き込みが必要だということも多くの市民が感じてきていることだと思う。

そういった中で平成23年度に手がけた様々な事業をさらに具体の事業に展開していく年でもある。

昨年の9月には大震災を経験してのローカルサミットの開催。
小さな循環「エコビレッジ構想」へのスタートを切った。
私自身も大きな転換期となったサミットだった。

地方分権、超少子高齢会社会、人口減少社会でのまちづくりのルールを明確にした「南砺市まちづくり基本条例」の制定。

経済からエネルギーを考えていた今までの日本。今後はエネルギーから経済を考える時代に。そしてそういった経営者の会が立ち上がった。私もアドバイザーとして参画。

テレビ地デジ化から空いたアナログ電波帯(ホワイトスペース)を使ってのテレビワンセグ放送の実証実験を実施。南砺チャンネル。
そのノウハウから被災地の情報を発信する南相馬チャンネルへの展開
そしてさらに東日本被災地復興チャンネルをめざしコンソーシアム設立。
さらに北陸広域観光ネットワーク会議の設置。

こういった事業をさらに取り組んでいきたい。

南砺市も今年で8年目。区切りの年でもある。
医療局を地域包括医療・ケア局に再編し保健、医療、福祉の一本化をすすめさらに安心してくらせるまちにしたい。

文化課を文化・世界遺産課とし世界遺産をもつ南砺市の全体の魅力をしっかり発信するとともに大切な遺産を守り次代に繋げる仕組みづくりを確立しなくてはならない。

公共施設の再編に取り組んでいるがその方向性を示し、そのことから地域が衰退しない。さらに元気に繋がる事業展開を進めていかなくてはならない。

すべてが今までの中央集権的な考え。無い物ねだりの考え。誰かがやってくれる。県、国に頼めばいい。そんな考えではなく、南砺の価値を市民自ら掘り起こし、磨き込み、更に発展させていく仕組みも作り。一流の田舎南砺をさらに磨き込んでいきたい。

新年度に向けていろいろ書き込みたいが、今年度もブログでしっかり発信していきます。よろしくお願いいたします。

54.2m/秒??????

2012年04月05日
2日に新規採用職員や異動辞令を交付し、新年度が始まったばかりの3日。普通なら異動職員は新しい職場で引き継ぎ書に目を通しながら、慣れない業務をしていたのかもしれない。

3日朝から強風で目覚めた。日本海で活発な低気圧が発達中とのこと。
その暴風たるや普通じゃない。

2日の夜 21時41分 暴風警報 乾燥注意報発令
3日    4時36分 雷注意報
     13時00分 火災警報
     15時36分 竜巻注意報 

昼12時頃 井波庄川出張所の風力計で最大瞬間風速が
なんと 54.2m/秒を記録した。

消防団は非番招集、市では第一非常配備。
トラックが倒れ、瓦が飛び、トタン壁が飛び、カイニョの杉が倒れ、けが人が続出。
ビニールハウスの倒壊、車庫の倒壊、道路の通行止め
119救急が鳴り止まない。

そして夕刻心配された雷雨による火災が発生。

初めて経験したくらいの暴風災害だった。

調査中ですが現在の被害は
市内では 重傷者 2名 軽症 9名 計11名の人的被害

住家被害 23件 
  内 一部損壊 7件 (屋敷林による倒壊 落雷等)
      被害 16件(シャッター、窓、ガラス 瓦)

非住家 (車庫 倉庫 小屋等) 204件

ビニールハウス 約90棟

事故避難者 2名。

とにかく大変な春の嵐だった。

一年生になったら。。。。。

2012年04月06日
今日から春の全国交通安全週間が始まる。
例年朝7時に高瀬神社にて交通安全の祈願を行い、出発式が執り行われる。
出席するために目覚めると外は大粒の雪。
4日には五箇三村では除雪車が出るほどの降雪だったが、今日もか?

出かける頃には雨に変わっていたが、寒い出発式となった。
昨年は市内での交通事故は200件を下回り、今年に入っても昨年よりさらに減っている。

毎年春のこの時期に事故が増え始める。
今年も子供達、そしてお年寄りに対して交通安全の啓発を行なう。

さて、話は変わるが今日は市内小中学校の入学式。
今年は先ずは城端小学校の入学式に。
79名のぴっかぴかの一年生に会ってきた。

3月に交流頂いた校庭の二宮尊徳像も入学を祝福しているかのようだった。

南砺市内の小中学校のコーラスのレベルの高さには驚かされる。
今日も城端小学校の児童の歌声の大きさ、コーラスのレベルの高さに感激。

合唱が決まるのは子供達の心が一つになっているって言う事。
先生と児童が一生懸命練習して入学する新一年生に対して贈っているのだ。

一日も早く学校に慣れて勉強に、スポーツに頑張ってほしい。
遅れ気味の神明通りの桜も咲き乱れ、応援する事だろう。

それにしても体育館二階のビデオカメラの多さにもびっくり。
私もそんな時代があった事を思い出した。

父はビデオカメラ、母は着物で会場。それでいいのだ。

「子供は家庭で育て、学校で鍛え、地域で磨く」
家庭の宝は、地域の宝。
地域みんなで元気な子供に育てたいものだ。

どうなってるの?桜じゃなく雪吹雪。

2012年04月08日
4月に入ると平年はポカポカ陽気。
小中入学式や保育園の入園式も暖かくなるはずなのに。

今年はとにかく寒い。3日の暴風雨、そして雪。
昨夜も吹雪でした。

福光町内のベッドで作ったベンチもこの通り。雪が。



小矢部川沿いの桜並木も桜吹雪じゃなくて。
雪の吹雪。。。。樹氷。



そんな雪の中
昨夜は私の後援会総会にたくさんの方々に集まって頂きました。
基調講演に帝京大学教授 黒崎 誠先生。
大変興味深い今後の政権についてお話を。

皆さん本当にありがとうございました。

ようやく春らしく。。。

2012年04月10日
昨日、今日とすこし暖かな日となった。

家の前の桜の古木もつぼみが一気に膨らんだように見える。
今週の日曜日(15日)は福光の神輿祭り。桜の川沿いを神輿や庵屋台、獅子が練り廻る。

さて、今日は朝から定期的に通っている検診。
体重、血圧、血液検査と。。。

やっぱりかあ。。。飲む機会が多かったから。

そんな感じ。

よし!暖かくなったし、早朝ランニングを始めるか!

市内各所で3日の突風、暴風で崩壊したビニールハウスや倉庫等を見ると改めて風の怖さを感じる。
農家の皆さん、被災者の皆さんの苦労に何と言っていいか。
今日先ずは富山県の方に被害状況を説明し、カイニョの倒木や倒壊農業施設への対応について要望の予定。

与野党揃って東北で花見を

2012年04月20日
新年度が始まって早いもので20日が過ぎた。
4月3日には想像を超える春の嵐に見舞われた。
強風に、雷。
車の転倒事故、倒木、ビニースハウスの倒壊、家屋の損傷等多くの被害が出た。けが人も。

新体制になって間もないこの時期の災害に対して早速災害時の体制を取った。職員の待機、消防団への対応など。
常備消防も非番職員招集体制で100件を超える110番に対応した。
落雷による出動では福光人母地内には小矢部署から、同時刻の福光町部の事故には福光署から出動し消防広域化体制の成果を発揮した。

最大風速50k/sを超える突風と竜巻のような風。
まさに春の嵐であった。

続いて雪。今年は4月に入っても雪が降る天候で。
桜の開花も遅れた。
実は平野部では今週末が見頃だと思う。

市内の桜はこちらから。

明日、明後日の天候が心配だが、いい日和になればいいのに。

それにしても桜はいい。
春の訪れを祝うかのように咲く淡いピンクの花。
日本人は特に桜が大好きだ。

いろいろな花はあるが。全国で花見で盛り上がるのはやっぱり桜。
めでたい雰囲気になれる。
ラグビーの日本代表選手のジャージにも桜。

先日東北の被災地を訪れたがそこでも桜の話題が多かった。
昨年は桜を見られなかった。今年は少し落ち着いて桜を見たいと。

春の桜。日本人で良かった。

しかしながら中央では桜の季節に何やらきな臭い動きばかり。
国民のために与野党で取り組むべき事はたくさんある。
決められない政府にのしかかって政権を取ろうとする野党。

東京では桜は散ったが、与野党一緒に東北で花見をして考えてもらいたいものだ。桜の下では真に日本人としての議論ができるのでは。

どや!南砺。

2012年04月20日
「どや顔」自慢げな。勝ち誇った顔で。。。どや!
今日の私は大変自慢げな顔になってるだろうな。

先ずは市長会にて、
富山市長から
「田中さん。昨夜の全国経済同友会セミナーでのスキヤキ・スティールオーケストラは良かった。富山県の雰囲気じゃない。あれはいい。メンバーに声をかけたかったがお客さんと話し込んでできなかった。
是非田中さんからメンバーに伝えといてくれ」

「オッケー」(ローラ風じゃありませんW)

早速リーダーに電話。しっかり伝えました。

また、朝はその経済同友会セミナーに出席のお知り合いから、
平高等学校郷土芸能部約30名の皆さんのチームワークと所作の美しさ。かつてこれ程、誇らしく感動的なおもてなしを経験したことはありませんでした。皆さんが口々に富山の心の豊かさを郷土芸能部に観たと語っていらっしゃいました。日本の財産。」と。コメントを。

そして 富山での会議のあとリバーリゾート雅樂倶で開催の展示会へ。
リバーリゾート雅樂倶と城端松井機業さんとのコラボ「絓SHIKE展」

ここにも素晴らしい南砺の技が一杯。川面に映る満開の桜と「絹」がとてもきれいに展示されている。

今日はこれから明日から福光美術館で始まる
「雪梁舎美術館コレクション 棟方志功展
  ームナカタの魂に魅せられてー
2012年04月21日(土)〜2012年06月17日(日)」

初めて所蔵作品を出展頂く雪梁舎の捧理事長さんと会食。
6年8ヶ月福光に住んで作品を残した棟方志功さんの作品に会うのが楽しみです。

「どや!南砺。」そんな幸せな一日でした。


5月のANA機内誌になんと!南砺。

2012年04月24日
皆さんは飛行機で移動中何をする?
新聞? 睡眠? PCで仕事? 

私はというと必ず月初めは「翼の王国」の吉田修一氏「空の冒険」から。
そして「おべんとうの時間」。この二つは何度も読んでしまう。

私が吉田さんの大ファンになったスタートは「空の冒険」。
それからはまり、すべての小説を読んだ。
ブータンの写真集まで。
もちろん「悪人」は映画も。

その後私の友人が芥川賞受賞以来の友人だという事が判明。
そして是非吉田氏に会いたいとの想いを伝えると、行動派の彼女は、
これもなんと!「柴田錬三郎賞受賞祝賀会 二次会」に私を伴って行ってくれたのだ。
初対面の吉田さんの精悍な、知的な姿。
光りの中から出てくるスパースターのオーラを感じた事を鮮明に思い出すほどだ。

そして南砺市へ是非と懇願したのが2年前くらいだろうか?

念願だった南砺市訪問が2月の大雪の日に実現した。
その時の事が5月の「翼の王国」の「空の冒険」にナント、トヤマとなって書かれているのだ。

念願が叶った。今日その雑誌が事前に送られて来た。感激!


皆さん5月は全日空機に搭乗の場合は必ず寝る事無く「翼の王国」の「空の冒険」をお開き下さい。

吉田さん。田中さん。伊藤さん。ありがとう。

市民の皆さんへ 今月の配布物

2012年04月26日
毎月25日に各戸に広報誌他が配布されます。
配布頂く市民の皆さん、役員の皆さん、毎月ありがとうございます。

市民の皆さんいつも多くの冊子、書類が配布されます。
その中身をご家族で読んで下さい、見て下さい。

特に今回は下記の写真の三冊が入っています。



その三冊は
1、南砺市まちづくり基本条例 概要版
2、もっと知りたい南砺の仕事 概要版 平成24年度予算概要です。
3、南砺市総合計画 後期基本計画 概要版


是非ご家族でお読み頂き、保存版として取っておいて下さい。
現在各地域で開催の「地域づくり談義」で私が廻って説明している内容です。
是非「地域づくり談義」にお越し頂く市民の皆さんには持参の上お越し下さい。

また、概要版ですので詳しくは、各自治振興会、町内会、行政センター、市ホームページで見る事ができます。

地域力さらに!第二公民館竣工。荒木地区

2012年04月30日
昨日はまだまだ寒い利賀から。
桜がそろそろ満開でしたね。
家の前の花桃はまだつぼみ。
池の水芭蕉は可憐な姿を見せてくれている。

連休の始まりは28日、大変世話になった方の一周忌法要から。
そして昨日は荒木地区の念願の三事業の完工式が、春祭りに会わせて執り行われた。


1、用水路改修事業(平成15年から)
2、乙剣社・秋葉社の玉垣、洗心舎の造営。
3、荒木第二公民館竣工。

公民館の看板(ケヤキ板)を田中私に書かせて頂きました。
思い起こせば緊張の一筆だった。



合併後世帯数も人口も増えて来ている荒木地域。
今回の寺社と公民館と農業の重要施設の竣工までの地域での話し合いや絆づくりが上手く行ったからこのような大事業ができるのだ。

素晴らしい地域づくりの見本となる地域だと思う。

ちなみに洗心舎は立派だ。あの佐々木棟梁の仕事。


持ちまきも行なわれ、住民の皆さんもお祝いに。


作者 : 田中幹夫

南砺市長。 人が好き。南砺が好き。企業・利賀村役場職員を経て南砺市議会議員。そして2008年2代目「南砺市長」当選。53歳 市政・地域おこし・まちづくり・グリーンツーリズム・スキー・そば・ネパールなど様々な話題を提供します。南砺市利賀村で母、妻、長女(看護師)、長男(大3)、次女(大1)家族。

2015 年
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
2014 年
12
2013 年
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。