nanto-e.com archive

田中幹夫のちょっと一息

24年前初めてネパールを旅したときのまったりした時間を思い出す。利賀に住み、自然に向かい、そばを打つ。そんなゆっくりした時間がいい。ネパールでのひとときのように。ちょっと一息入れましょう。人が好き!南砺が好き!利他の心でまちづくり!「吾唯知足」「知足利他」

曳山祭り

2011年05月05日
福島原発1号機に作業員が入って作業をするというが、本当に大丈夫か?現場作業員ばかりが頑張っているが。。

今日は朝一で南砺市中学生が友好関係の中国紹興市の文欄中学校への壮行式に。市民交流団として中国へ行っていろいろ学んで来てほしい。



そして11時頃から昨年同様KNBラジオ出演。


12時からは城端神明宮春期祭礼の昼食祭に。


城端そば研究会のそばを食べたり、ttイベントスペースへと。

夕方からは名誉市民の綿貫氏、橘、柴田両国会議員、県議、そして高山、金沢、高岡、射水市長に来て頂いて懇談会と所望。知事も焼き肉食中毒対応で遅れられたものの曳山所望を堪能して頂きました。



GW前半から中盤総集編

2011年05月05日
4月29日。
「南砺の山々を守る植樹祭」に。今年で七回目の行事。合併後カシノナガキクイ虫の被害によりナラの木が枯れてしまい。さらに熊が集落に出没。被害者も出た。もう一度ドングリの木を里山に植えようと民間の皆さんよ北日本新聞さんらが始めた活動である。今年は城端桜ヶ池にて開催。





4月30日。
今日は元衆議院議長綿貫民輔氏への名誉市民称号授与式。
永年のご活躍を南砺市民と誇りとして後世しっかり伝えます。南砺市だい号の名誉市民です。


午後綿貫氏の友人あの「道場六三郎さん」が来市。



東海となみ野会の皆さんも南砺市、砺波市へおいでいただいた。

5月1日。
今日は我が家の法事。粗祖母、祖父母、父の年回忌。夜は福野夜高へ。
金沢から多くの市民の皆さんが夜高祭りに来て頂き交流会でした。馳代議士や森副市長さんも。





5月2日。
夜高祭りシャンシャンの儀。



5月3日。親戚の法事。

5月4日。
上畠神明宮春期祭礼。





そして夜は城端にて祭屋台等製作修理技術者研修会の交流会に。日本の心を繋ぐすばらしい職人の皆さんが全国から集まって頂きました。城端曳山宵祭り。そしてtrue tearsファンの皆さんのイベントまで。

交流会の料理がいい。古刹善徳寺対面の間(民藝全国大会時と同じ)





今日は曳山祭り宵祭り。床山を見学。





城端等を舞台としたアニメtrue tearsのファンの皆さんが開催してくれたイベントにも顔を出しました。全国からファンが集い、チャリティー募金もしてくれています。

GW明け。さて!

2011年05月09日
気がつくと暖かいから暑い陽射しになってきた。
GWが明け学校も、職場も新入生や新人の人も少し慣れて本格的に動き出す躍動感を感じられる季節になる。
東日本震災被災地にも多くのボランティアが入り活動したが、GWが明けて少なくなってしまうのも何となく悲しい。復興に向けて国民上げて取り組まなくてはならないことをもう一度考える。

さて、砺波店から始まった焼肉店食中毒。4名が亡くなり、今も尚多くの感染した方が入院されている。一日も早い回復を願い、今回の食中毒に着いてもいろいろ考える。
先ず今回の食中毒は未だ一社からしか出ていない。一社の肉卸会社と販売する店から。生肉や焼肉全体の問題ではないと思う。風評被害のようなものが広がっている。また、行政は強制力のある法的な措置をしようとしているが、先ずは原因がどこにあったのかを明確にすべき。また、報道も少し前まではこの焼肉店のイメージを大変良くほうどうしていた、一転して業界すべてへを否定するような過剰な報道になってしまっているのでは。先ずは今回の原因、責任を究明してからではないかと思う。
畜産業、焼肉店等業界への風評被害が大きくならないうちに。

あっ!時間だ。後ほど続きを。

何を書こうと思っていたのか?
GWの終盤、6日は通常の執務。連休の合間で比較的ゆったりとした一日となった。夕方から利賀在住の演出家鈴木忠志さんと歓談をさせて頂いた。興味深いお話ばかり。最近ブログを書き込んでいらっしゃいますので紹介します。  こちらです。

7日は久しぶりにオフ。リラックスした一日。といっても下手なゴルフでして。でも初ホールインワンをこの目で見ました。もちろん私じゃないですよ。

8日は商工会事業として整備をしていた福光中心市街地駐車場の完成式に。これは福光で開業されていた古瀬病院の跡地を市にご寄付をいただいたことで計画を進めていたもの。古瀬家の皆さんのお心に感謝。
市街地に85台のスペースと古瀬家の庭石なども廻りに並べて、多くの利用者に利用してもらいたい。

そして親戚の法要に。こうして私のGWは終わったが心も体もリフレッシュし、計画していた行事もいくつか無事終えることができた。
また、8日は市職員12名が南相馬市支援の拠点としてお借りしていたお寺の片付けにいってくれた。

今日からまたがんばるぞ。とそういう気持ちになる。

今日は雨

2011年05月10日
今日は朝からかなり強い雨が降っている。
早朝には強風の音と雨がトタン屋根をたたく音で目覚めた。
田植えが進む散居村の風景と一雨ごとに鮮やかになる周りの山々の木々の緑。この地は今が一番きれいな季節かもしれない。
春祭りが終わり、ほっと息をつく間もなく農作業が本格的に始まるのだ。
文明や最新技術といった言葉をあまり聞かない田舎の風景だ。
しかしながらやっぱり農機具は進歩している。

今日の雨はお百姓さんには恵みの雨かもしれない。
畑の苗がうれしそうに水を吸っている。

さて、今日は5月の議会全員協議会rと定例記者会見の日である。
GWを終え、6月定例会の合間の大切な会議である。

南砺市の場合というか県内すべての市町村は議会定例会は4回。6月、9月、12月そして3月に開会される。そして臨時的な議会。わが南砺市では定例会の無い月には月初めに議会全員協議会を開催し、さまざまな事業の報告などを行っている。そしてその後に定例記者会見を開いている。

行政の持つ情報を議員の皆さんにきめ細かく伝え、そしてメディアの皆さんから市民の皆さんに伝える。他には市のホームページや広報誌を通じて、そして区長会や自治振興会で、さらには地域審議会、タウンミーティング、対話集会などで報告する。

私は行政情報をタイムリーに発信することは一番大事だと思っている。
ブログやツイッター、フェイスブックなどでも個人的な意見も含めて発している。これからも様々な形で発信し、意見をお聞きし仕事に活かしていきたい。

ゆっくり考えるには雨のほうがいいのかもしれない。
注意報がでているので気をつけなくてはならないが。
時折強い雨が降っている。

交通安全

2011年05月11日
今日から5月20日までの10日間。春の全国交通安全運動。
〜子供と高齢者の交通事故防止〜

自転車の安全利用の推進
全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
飲酒運転の根絶

昨年の南砺市での交通死亡事故は9件 10名の方が亡くなられた。
高齢者の死亡事故が多い。
今年は南砺署圏内の死亡事故はゼロ。このまま一年間ゼロでと願う。

今日は早朝7時より高瀬神社にて安全祈願祭。その後街宣車などが出発。

東日本大震災から二ヶ月。被災者の心を思うときにさらに「命の尊さ」と「心遣いと思いやり」を考えさせられる。交通安全もまさに同じだ。

南砺市としては高齢者の方の運転免許証自主返納者へのバス。、タクシー券の交付など様々な交通安全関連事業を南砺警察署、交通安全協会関係者の皆様の協力を頂きながら進めている。今年はなんとしても交通死亡事故を大幅に減らしたい。

市民の皆さん。
運転者は同乗者や歩行者に心遣いと思いやりを。
歩行者の皆さん。車に心遣いと思いやりを。

市民上げて交通事故撲滅に力を貸してください。

ささらに願いを込めて

2011年05月14日
今年の全国高校文化祭は福島県で開催される予定だった。来年が富山県だ。そして毎年この全国大会で優秀な成績をだしている平高校郷土芸能部が出演する部門の開催は福島県南相馬市だったのだ。南相馬市にも相馬農業高校があり、郷土芸能部がやはり有名だった。

今回は文化祭の開催は難しい中で平高校郷土芸能部と生徒会では練習を積んで来た高校3年生を中心に富山市でチャリティー公演を開催したい。そして義捐金を開催予定だった南相馬市へ贈りたいと計画し、地元の民謡団体と共に開催した。その義捐金を市教育委員会理事が南砺市が支援を続けている南相馬へ昨日持参した。

その時に平高校生や先生が民謡こきりこで使う「ささら」の一枚一枚の板に復興の願いやメッセージを書き込んで改めて編み紡いで贈る事にした。
すばらしい話しだ。



忍者ハットリ君列車

2011年05月14日
昨日13日朝氷見線、城端線を走るハットリ君電車が一両リニューアルしたラッピングで仕上がり、式典が高岡駅で行われた。






城端線・氷見線活性化検討委員会とJR西日本の事業。車体、社内にはハットリ君らのキャラクターと高岡大仏、チューリップ、五箇山合掌集落や日本海の向こうに立山連邦等沿線の景色が描かれている。鉄道ファン、アニメファン、藤子不二雄ファンには特にたまらないだろう。
観光客の皆さんに是非乗ってほしい。

メルトダウン

2011年05月14日
今年の地元利賀上畠の春期祭礼。獅子舞の祭りの宴会場を受け、すばらしいもてなしでお迎えを頂いたお父さん。癌の手術。再発、厳しい闘病の中準備を頂いた。祭り当日の日を思い出す。
前々から最初はできるかどうか?でもここまで来たら立派に祭りをすると言いきっておられた。今までも同様だがいつも前向きな方だった。
祭り当日も準備をする息子さんや家族を見ながらいろいろ指示を出しておられ、家の前に幟旗を立て、獅子を迎え入れてくださった。宴会中も主として挨拶して頂いた。

11日に急に入院され12日に逝去された。私も元気な話を聞きたいと思い12日に病院に行ったが数十分間に合わなかった。

今聞くと限界に近い体調だったようだ。普通の人だったら祭りどころじゃなかった。自分でできる事を最後までやり遂げられた。死に直面しそこまで考えられるか、そこまで行動できるか。そんな最後だった。本当に私は世話になった。我が家を助けて下さった。教えてもらいたい事がまだたくさんあった。今日が葬儀。
心より哀悼の意を表し、改めて感謝したい。

さて、東日本大震災から2ヶ月経ち、北部の方では再興に向けての動きが出てきたという報道増えている反面、東電の福島原発の直接的な影響範囲、いわゆる福島県では津波被害地のみならず20km圏内、30km圏内、計画避難区域、いわゆる放射線影響範囲では未だ前に進んでいない。
それどころか原発事故を6〜9ヶ月で収束するとした工程表を発表して一ヶ月で手を付け始めた最も順調に進んでいたと見られていた第一号機で
全炉心溶融(メルトダウン)が判明した。圧力容器の底に穴があき、格納容器にも漏れがある。今後の工程表の見直しも考えなくてはならないと報道されている。

東電と政府の見方の甘さは今までも幾度となく露呈されてはいたが、今回もまたかという感じで済まされる問題ではない。メルトダウンをもっと深刻に受け止めなくてはならない。そして今後収束計画、工程表に大きな影響を与えることになる。その事による復興の遅れは福島県関係市町村住民にとって更に深刻となる。世界への信頼関係にも影響を与えるだろう。更に大きく深刻となった事には間違いない。



震災ふるさと復興支援コンサートに。

2011年05月15日
昨日は私にとって大事な方との別れの一日になった。
「人生利他」ってこの人の事じゃないかと思うくらいの人だ。
何度も怪我や病気にかかっても根性と前向きの気持ちで克服して来られたが、今回の再発は力及ばずで大変悔しい。もう少し楽しい将来の話をしたかった。政治もパソコンも好きでいろいろ話したが。もう聞けない。
自分の幕引きさえ自分で演出したような「死」だった。

さて、今日は朝からいい天気で先ずは「富山県高齢者ゲートボール大会砺波地区予選会開会式」に。74チーム約500人が砺波、小矢部、南砺市から福光グランドに集まった。37チームが県大会に出場する。

午後は「がんばろう!にっぽん!東大震災ふるさと復興支援コンサート」(ヘリオス)に。
豪華な音楽家と富山県を代表する郷土民謡の保存会が出演しすばらしいコンサートになった。
本当にプログラムがすごい。会場はほぼ満席。
プロムナード 南砺市消防団音楽隊
レクイエム  ヘンデル:オンブラ・マイ・フ 
第一部 「ふるさと」
 夜高太鼓  夜高節
 越中五箇山こきりこ唄保存会
 越中五箇山麦屋節保存会
 越中八尾おわら保存会西町支部

第二部 「世界の名曲」
 オーケストラアンサンブル金沢
  大村俊介(ヴァイオリン)大村一恵(ヴァイオリン)
  福野桂子(チェロ)遠藤文恵(クラリネット)
  柳浦慎史(ファゴット)
  倉戸テル(ピアノ:仙台在住)

福野を中心とする実行委員会の皆さんの熱い想いが出演者と観客の心をうちすばらしいコンサートになった。
収益金は南相馬市への支援と新聞社を通して日本赤十字富山県支部へ預託される。
心より感謝。


ところでピアノの知識はあまり無いがピアノはあのBoesendorfer(ベーゼンドルファー社)じゃなかったろうか?

南相馬市5.21レポート

2011年05月22日
20日の夜会津若松まで移動し21日朝から南相馬市に向かった。
今回は東京から南相馬市から群馬への避難者を支援している場所文化機構本木さん。南相馬市民情報の発信をしているアイマックスの今井さん。今回ホワイトスペースを使ってワンセグで離れた市民や仮設避難所等へ情報発信することを提供すべくヨーズマの野口社長ら民間からの支援策もと一緒に向かった。

今回の南相馬市入りは私にとって3月27日以来2回目。変わったことろは市民が30km圏内に戻って普通の生活が少しだけ戻ったこと。車両が増えた事。ガソリンスタンドに車の列が無い事。店が開き始めたこと等。
しかし津波被災地、原発20km圏内は全く3.11から時計が止まっていた。
先ずは写真で報告する。

まちの中
まちには感謝の横断幕が。


テレビで見る放射線防護服を着た警察車両や消防車両、自衛隊が




20km圏内検問。国道には警察官が。



津波被災地。3月11日で時間が止まっている。
半旗の鯉のぼりを見ると胸が痛くなる。
家族で捜索や遺品探しの姿も。






橋の欄干が壊され、大木の松がこんなところに。
10m以上の津波だったんだろう。




電車はあの日から止まっている。



今日は先ず物産を広めようと交渉を
4月4日から営業再開。おいしい漬物、豆腐味噌漬け等。
南砺の店にも近く登場予定。支援コーナーで




お土産も。野馬追扇子や手ぬぐい、Tシャツ等



今後の支援を提案。
南相馬市長ら「すいません」と。
これからは「すいません」と言わないで下さい。
一緒にやらせて下さいと。田中。
そんな関係じゃないといけない。



派遣中の市職員の今日の仕事。
避難者へ支給の物資の仕分け。東京都杉並区職員と一緒に。
がんばれ!ちーむ南砺


避難所へ107名の方が。この時間はお年寄りばかり。




南砺から行っているパロを説明。


長崎県からの看護師さんに


医師にも


仮設住宅ももう少しで入れます。

北信越5県には68市

2011年05月22日
久しぶりのブログの書き込みである。
月曜日に今年市役所へ入った新人との情報交換会に出席した。
新しい職場で1ヶ月半経って少し落ち着いた頃に彼らが企画してくれた。
なかなか新人とゆっくり話す時間は取れないがフレッシュなアイディアは大切だ。

写真家の関口照生氏と初めてお会いした。あの竹下景子さんの旦那さんで9月に福光美術館でブータンの写真展を開催して頂くのだ。
ブータンのパロ空港の話。国民総幸福度、ニンマ派の話で盛り上がり。
氏曰く「市長とグルリンポチェの話をするとはなあ」
そう。私もネパールへ10回以上通っている仏教徒なんだと。
そして市長になるときのキャッチが「生まれて来てよかったまちづくり」まさに国民総幸福度、満足度。

そして長野市で開催の第158回北信越市長会に。
北信越市長会は年二回開催される。今年は5月に長野市、秋には砺波市で開催される。68市の市長が集まる。
今回の市長会は大震災後初めての市長会で「東日本大震災に関する緊急決議」「原子力発電所事故に対する緊急決議」を決議し国にもの申す。

全国市長会の森会長は長岡市長。全国市長会長を輩出している支部なんである。開会式と情報交換会に阿部長野県知事も出席。大きな張りの有る声での挨拶。住んで良かった、生まれてよかった地域づくりをと。さらに今回の震災後の対応にも私とかぶるフレーズたくさん。いいスピーチだ。

忘れてはならないのが長野県栄村を震源とした大きな地震が発生し長野も被災地であること、さらには福島を中心に長野県、新潟県には多くの避難住民が避難している。もちろん富山、石川、福井県の各市も被災地支援を積極的に行っている。
敦賀原発と志賀原発があるので議論にも熱が入る。

86市長が集まる市長会でした。

新生ふるきゃらミュージカル「トランクロードのかぐや姫」

2011年05月28日
元気がでる。勇気がわく。
ぴったり。たのしい。少し悲しいシーンも。
いつの間にか入り込んでいる。

いい!

新生ふるきゃらミュージカル
「トランクロードのかぐや姫」
でした。

この季節に台風の心配とは。。。

2011年05月28日
台風が近づいていると天気予報が。
そしていつもの天気図を説明している。
少し前なら9月の天気図なんだが、まだ5月だよ。どうなってんの?

この週末から来週は台風の心配をしなくてはならないとは。

今日は花と緑のフェスティバルが福野で始まった。
花と緑の銀行頭取さん。グリーンキーパーさんら熱心な方々のお陰ですてきな会場に仕上がった。
今日明日と多くの方々にのんびり花を見て楽しんで頂きたい。のだが、台風が近づいてきているとは。。。。テルテル坊主を吊るしてみるか。

はな文字で「がんばれ日本」と書かれていたり。
楽しい企画一杯。


河合さんと修子の作品。

TOMODACHI(ともだち)Tシャツ紹介

2011年05月28日
群馬県東吾妻の若者が南相馬市被災地の支援策としてTシャツをつくり販売したり、避難者との交流をしたり。又、そのグループは杉並区や今回南砺市とも繋がった。

先ずは写真で紹介する。
Tシャツ


モデルは手前で失礼しますが。デザインもいい。
Tシャツの中には


ということだ。
そして場所文化機構のめんばーらと はれのひ食堂 を企画運営し更に支援を広げている。

いろいろな支援策があり、その過程で人が繋がり、地域が繋がる。
そして復興するに連れてさらに地方が人が繋がりすてきな地域ができる。

もっと繋がろう!もっと広がろう!


作者 : 田中幹夫

南砺市長。 人が好き。南砺が好き。企業・利賀村役場職員を経て南砺市議会議員。そして2008年2代目「南砺市長」当選。53歳 市政・地域おこし・まちづくり・グリーンツーリズム・スキー・そば・ネパールなど様々な話題を提供します。南砺市利賀村で母、妻、長女(看護師)、長男(大3)、次女(大1)家族。

2015 年
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
2014 年
12
2013 年
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。