nanto-e.com archive

田中幹夫のちょっと一息

24年前初めてネパールを旅したときのまったりした時間を思い出す。利賀に住み、自然に向かい、そばを打つ。そんなゆっくりした時間がいい。ネパールでのひとときのように。ちょっと一息入れましょう。人が好き!南砺が好き!利他の心でまちづくり!「吾唯知足」「知足利他」

水と緑の森会議

2010年12月02日
今日修理に出していたMacBook airが帰って来た。
なんとリコールらしく。無料での修理。6万円得した気分。

さて、今日は朝からなかなかスケジュール詰まってて。
中日ボランティア賞受賞の上野さん、斉藤さんにもお会できた。
永く本当に福祉ボランティアを頑張って頂いていた。

また、数え百歳のお祝いにきららへ。かわいらしい南部さんのお祝いに。
施設内には世話になっていた阿別当のTばあちゃんにも久しぶりに会う事ができた。施設の皆さんとも。

午後は県庁での水と緑の会議へ。
そういえば4年前一人500円の税。

熊、イノシシ、カシノナガキクイムシ等森林保全のために県民挙げて取り組もうとするもの。

現在次の4年に向けて検証と成果について県民の皆さんに公表しアンケート等も重なっている。その報告を受けた。

私たち中山間地の人間は大変感謝すべき事業だが、都市部の皆さんや海岸沿いの皆さんには本当に理解をして頂く事が大切だ。

県産材利用家屋への補助制度や森林保全、間伐材を利用した木質ペレット利用の為のストーブ補助、子供達への木を使った体験メニューなどの推進の話に。

とにかく富山県は先んじて森林保全に県民挙げて取り組む仕組みづくりが始まったばかり。これからだ。

医療協議会、ナマズ会と続いた。

明日から12月定例会開会。よし!

12月定例会

2010年12月03日
今日は昨日とうって変わって雨。寒い朝だ。
午前中福光地域審議会に。
消防署所再編と公共施設の再編について。
大きな課題への始まりだ。

もう少し詳しく書きたいが地域審議会を終えるまで。。。

午後は12月定例会開会。
新議長に片岸議員。副議長に才川議員。に決まった。
今後の南砺市の為に是非ご指導頂き、リーダーシップを発揮頂きたい。

明日は同志の長男さんの結婚式。
この度 人生2回目の媒酌人ということで。。。

それにしても午後の竜巻のような風雨は何だったんだ。今も時折強い雨が降っている。明日は天気になーれ!




すてきなカップルに乾杯!

2010年12月04日
心配していた天気。まあまあか?
今日は友人Nさんの長男の結婚式。媒酌人という事で。
若い二人の初々しい姿を見るとこちらも本当に幸せな気分になる。

式、披露宴とさわやかな笑顔がこぼれ、本当に心暖かくなるすてきな式。
暖かい家族の絆がわかる。

「言葉」を大切に。毎日の挨拶や「ありがとう」は本当に大事。利他の心を大事に。とスピーチした。私の心にも響くように。

これから若い二人に取っていい相談相手になろうと誓う。

モノトーンの相倉

2010年12月09日
今日のK紙朝刊一面。「茅葺きに初雪」の写真が。





水墨画のようなすてきな写真だ。

今日はこの五箇山に在日韓国大使閣下が来訪される。
先日は韓国国会議長が来られたが、議長から紹介されたらしい。

平の子供達がこきりこでお迎えしてくれたらしい。
寒い日だったが。

本日議会代表質問、一般質問で私は行けなかったが、副市長対応で応対した。

寒くなると山の生活は大変だが、きれいな日本の景色に韓国の大切なお客様も大満足の様子。ほっ!

白川郷・五箇山世界遺産登録15周年記念シンポ

2010年12月12日
白川郷・五箇山が世界遺産に登録されて15年。
今日白川村荻町多目的集落施設で開催の「白川郷・五箇山世界遺産登録15周年記念シンポジウム」に出席した。
テーマは「共に学ぼう世界遺産」
午前中は親子で世界遺産について学び、午後はシンポジウム。
先ず平高校郷土芸能部の五箇山民謡で始まった。郷土芸能部には白川村の子供達が4名がんばっていた。

谷口村長の挨拶のあと大和文化庁審議官の挨拶ののち私も挨拶を。
次代は白川郷・五箇山のような田舎を必要としている。協力し次代に繋ごうと。。。。挨拶。

白川村のマスタープランが策定され西村委員長が紹介と村長に答申。
西村委員長(東大教授)は南砺市のマスタープラン作成のための「合掌集落の未来を考える会」会長でもある。南砺市は来年度マスタープランを完成させるべく取り組んでいる。

筑波大学院の黒田乃生先生の講演。
エッセイスト森 まゆみさんの講演。(谷中 根津 千駄木について)

世界遺産の価値を認識し、皆で次代に繋ぐ。
人材育成と観光についていろいろ参考になる話を聞くことができた。

南砺市でも保全と観光、暮らし等相反する部分も混在する課題を持っている。単なる観光客じゃなくて協力者、理解者になってもらう仕組みづくりも大切だ。

久しぶりの白川村。たくさんの観光客だ。

トナミ運輸 平田のがんばり。

2010年12月12日
利賀出身のバドミントン選手(となみ運輸)平田君ががんばった。
バドミントン全日本総合選手権において男子ダブルスで平田・橋本組(トナミ運輸)が優勝した。さらに混合ダブルスにおいても平田・前田(ルネサスSKY)組が人気のイケシオ(池田・潮田組)を破り両方二連覇した。

オリンピックを目指して更なるステップを。頑張ってほしい。
我々も後援会をしっかり立ち上げなくては。

ちなみに男子単優勝の田児選手のお母さんも利賀出身。(旧姓米倉さん)

優勝者の勇姿はこちら!

ちょっとすてきな気分に

2010年12月13日
今日すてきな出会いがあった。
出会いと言っても私が勝手に思っているだけなんだが。

先ずは議会委員会終了後の福光庁舎入り口で。
お父さんがセンター窓口に。かわいい女の子が絵本での遊びに飽きてこのおじさん(おじいさんに見えるか?)のところへ。

かわいいね。何食べてるの?ガム。などと会話を。

そのうち「おばあちゃんがねえ。死んじゃったの。そしてお星様になったの。」と
そして「夜になるとお星様になって◯◯ちゃんのところへ来るの。そして朝になると見えなくなるの。」と。

すてきなお話をお母さんとお父さんが教えてるんだろうな。良い家族だなあ。

そしてその後中央病院へ。
薬を待っていると。

元気な男の子とお母さん。
僕お名前は?「名前は無い。」とても元気に。
水疱瘡のあと風邪を引いてさっきまで元気が無かったとか。
元気な笑顔が忘れられない。

得意そうに歩く顔。いすに乗って得意そう。

子供の笑顔を見て本当にうれしく思う事ってある。
子供達の為に今すべき事をしっかり。次代に繋ごう。すばらしい南砺を。

利賀の鈴木SCOTが吉祥寺シアターに

2010年12月15日
悪天候の中小松空港から上京。
利賀は雪だ。
こんな冬型の日東京は青空なんだ。何となく変な気持ちになる。
年末の国会議員の先生方に挨拶をし、文化庁へ。
夏に利賀でお会いした近藤文化庁長官にお会いした。
演劇、合掌集落、曳山保存、パロにアニメの話題。

今日は武蔵野市と文化交流第二弾。(第一弾は棟方志功展)利賀で活動の演出家鈴木忠志氏の劇団SCOTが吉祥寺シアターで公演をする。

今日は交流事業として南砺市から52名の市民団と交流公演。
「リヤ王」の上演。鈴木忠志氏(利賀)の代表作だ。
武蔵野市長が一昨年利賀を訪れ鈴木氏に懇願していた企画。SCOTのスタッフが武蔵野市長と高校の同級生ということも手伝っての実現だ。

吉祥寺シアターは200人ほどの小さな劇場だがとても心地いいサイズで4カ国語(日本、韓国、ドイツ、アメリカ)のリヤ王もとてもすばらしい。

吉祥寺に住んでおられる日本のファーストレディーも観劇。




河井寛次郎の世界

2010年12月16日
東京での仕事を終え富山空港へ。
4時からの会議までのひととき水墨美術館へ。
河井寛次郎展に。

すばらしい。のひと言。水墨美術館の企画はいいなあ。人も入っている。
県所蔵の棟方志功、福光美術館所蔵もの。光徳寺などからの棟方作品も光っていた。

スコットランドに行きたいか?

2010年12月18日
市内にあるスキー場が次々にオープンしている。
しかし雪はもう少し足りない。
スキー選手は雪を求めて県外の人工降雪機のあるスキー場へ。

今日は富山クボタ株式会社の南砺営業所の竣工式に。
いろいろ課題のある農業だが、南砺市の基幹産業でもある。
本当にTTPや生産調整、担い手などいろいろ問題がある。。。。

そんな農業に欠かす事のできないのが農業機械。
そのメンテナンスや販売、その他ソフトサービスを担うのが農機具販売店。

農業をバックで支えるの営業所の改築だった。
20年後世界の人口は更に急激に増え、海外諸国からの食料輸入は難しくなる。日本は日本国内で食料を自給しなくてはならない。
そこを見込んで今農業をしっかり考えないといない。

夕方は城端綱引きクラブの東日本大会優勝祝賀会に。
なんと綱引きメンバーが綱引きによって知り合った鳥取の女性と見事結婚の報告が。

すてきな出会い、そして遠距離恋愛、まさに綱を引きよせての結婚。
めでたい話で盛り上がった。

城端綱引きクラブは翌3月6日東京で行われる宣告大会で優勝すればスコットランドで行われる世界大会の出場権を得る。

そうなれば快挙だが、今最もその全国優勝に近いのが城端綱引きクラブなのだ。市民挙げて応援しよう。

田舎の誇りを!

2010年12月19日
本当に師走なのだろうかと思わせるいい天気。
暖かな陽射しだ。

高岡の古城公園で発見されたコブハクチョウの高病原性鳥インフルエンザ
発生を受けて市内5カ所の鶏舎への確認等ふまえ野鳥に対する対策会議を開催した。市内には感染は無いが今後の対応を確認を担当部課長の元で確認してもらった。

さて、来年南砺市で開催予定の第四回ローカルサミットについて打合せを行った。

田舎で暮らす意味、誇りを市民のみならず県内外の参加者と共に考え、更なる地方の可能性を探る。結果的に地方から多くの文化を発信できる形を創り上げるきっかけになれば良いと思う。

夜は七転び八起き塾第一期生の終了式に。初めて事業、みんな頑張ってくれた。7月10日のなんとの日の企画やこども市長の企画。
必ずや今後の地域づくりリーダーとして頑張ってくれる事だろう。

既に二期生も動き始めている。
20人づつ5年間で100人の地域リーダーを養成する事業だ。

もういくつ寝ると。。。

2010年12月20日
今日は昨日とうって変わって寒い雨の朝。
師走も終盤。今年も残すところ11日。
昨日は冬のスポーツ真っ盛り。
スピードスケート全日本選手権でダイチの穂積選手が優勝した。
市長室にもサインがあるんだ。
そして実業団女子駅伝では第一生命の五区の選手は富山出身。以前はスキークロカンの選手だった。区間2位と大活躍。
先日行われた全日本バドミントンも男子ダブルス、混合ダブルスで優勝した平田選手と男子単の田児選手のお母さんは利賀村出身。
オリンピックに期待がかかる。

さて、中学駅伝に出場の城端中学も成績はまずまずだったがよく頑張った。又上を目指そう。ご苦労様!

そうそう、この時期になるとラジオ、ケーブルテレビ、新聞取材等は新年の挨拶となる。今日もTVの新年番組収録が。

もういくつ寝るとお正月モードとなる。

今日は議会全員協議会。常任委員会等での説明補足資料や最終日に提案議案の説明等を行った。消防広域化と署所再編等の議論も行った。
12月議会も大詰め22日に採決となる。

又、明日からは来年度予算編成関係のヒヤリングが始まる。
明日は「なんと元気なまちづくり事業」のヒヤリング。

12月議会閉会

2010年12月22日
昨日、今日と午前中は平成23年度予算のうちなんと元気なまちづくり事業(新事業提案型)分の市長ヒヤリング。予算編成はなかなか難しい問題もあるが今やらなければならない事。近い将来への投資も含め新たな事業を進めていかなくてはならないのだ。

午後から議会12月定例会最終日採決である。
提案の一般会計補正予算を始め特別会計、企業会計など予算関係10件。
企業立地振興条例等条例改正が6件。
砺波地域消防組合の設置など議案4件。
追加の人権擁護委員の同意案件も含めて全案件全会で可決頂いた。

そして県議、報道の皆さん、議会、市当局との懇談会(忘年会)。
今年の議会事業を終えたと同時に春の地方統一の試験が始まったようだ。

今議会では消防署所再編と常備消防の広域化。
公の施設再編の方向性と地域活性化策。
更なる行財政改革について今後もいろいろ残る難題に向かっての活発な議論があった。責任を持って幸福感を感じる事のできる、持続可能なまちを創るべく一歩一歩邁進していきたい。




今年の10大ニュースは!

2010年12月23日
師走もこの時期になるとメディア等では今年の10大ニュースの話題で持ちきり。
私も考えて見よう。

先ずは市として。(広報誌に出ると思うが)順不動
南砺市観光協会発足
世界遺産登録15周年記念
南砺市中央図書館開館
クレー射撃場オープン
7月10日はなんとの日
越中飛騨広域観光圏と五箇山総合案内所オープン
熊被害
スポレク開催
協働のまちづくり支援センター開設
南砺里山博開催

個人的には(こちらも順不動)
長男大学入学 大阪に引っ越し
作家吉田修一さんと会う
そば打ち最高段位認定会開催
参議委員議員選挙からねじれ国会
中国紹興市建城2500年記念式典で挨拶
上海万博にてとやまの日
新しい韓国平昌郡長と面談
近藤文化庁長官と会食、観劇
緊張の初媒酌人 二組
ハネトビに出演

なんて 適当に並べてみました。

さて皆さんの今年の10大ニュースは?

吉祥寺シアターにて座談

2010年12月26日
24日から日本列島は強い冬型となりまさにクリスマス寒波の到来。
特に南砺市は大荒れの天気。
スキー場では雪待ち状態なので今回の寒波は有難い。この週末ですべてのスキー場がオープンしたのでなんとか年内に滑走可となってほしい。

そんな中25日の朝小松空港から羽田へ。
吹雪の南砺市から風邪は強いが積雪は無い小松空港。
そして羽田は好天。蒼い空がまぶしい。
なんだかこの季節は日本海側と太平洋側の違いが悔しい。

一路武蔵野市へ。
今日は鈴木忠志演出劇団SCOTの連続公演が吉祥寺シアターで上演中だ。
午後のディオニソスを観劇後鈴木氏と武蔵野市長と3人での座談が組まれている。

4日の鈴木氏のブログが面白い。紹介します。

ディオニソス。

クラシックな戯曲をSCOT役者が好演。役者から発する迫力にはいつも
驚かされる。
僧侶とペンテウス、紅白幕の信女、生首を持つペンテウスの母アガウエの迫力だ。

演劇終了後は同じ舞台で鈴木忠志氏と武蔵野市長と田中との座談。
両市の問題や現状。
市長として何が今の時代大事か?
文化行政について
吉祥寺シアターについて





武蔵野市と南砺市(旧利賀村)との交流は38年になる。
過密都市武蔵野市と過疎の南砺市の交流は今年新たぶ文化交流というページを開いた。今回の上演もこの関係がすばらしく発展したもの。





武蔵野吉祥寺シアターで鈴木演劇の上演は演劇界でも事件のようだ。
東京での活動があまり無いSCOTが突然吉祥寺でということで関東在住の早稲田小劇場時代からのファンも詰めかけた。もちろん文化度の高い武蔵野市民もたくさんだったが。
現代において演劇を始めとする文化はそれぞれの地域において大変大切なのである。単純な商業的演劇ではなく、演劇による地域活性を目指す事の大切さを感じた。

吉祥寺という町の良さを語る鈴木氏は世界のどこの都市とでも比べ満足度の高い町だと言う。そうなんだろう。

座談の続きを吉祥寺の中華料理屋で。
そして市長とブータン帰りのギリ妹さんとハーモニカ横町へ。
いつも観劇のあとの語りはなぜかいろいろ広がる。
これが文化の力。

やっと動いた。スマートIC

2010年12月28日
夜、会合中に数々の電話が入った。
知事からはスマートインターチェンジについて決まったと。

民主党政権下で迷走していた高速道路料金政策の中で先送りされていた新スマートインターチェンジ開設事業。
ようやく動いた。
昨日夕方国土交通省副大臣記者会見で「出来るものから着手する」と。
富山県内では3カ所の要望が上がっていた。
高岡砺波・南砺・城端桜ヶ池の三カ所。

先ず地区協議会にて実施計画書に合意がなされたものからの着手となる。
県内では合意済のものは高岡砺波と南砺の二カ所。

この二カ所が先行して年度内に着手される見通しだ。
県、国の指導のもと地区協議会を開催し昨年度から準備を進めてきた。
念願のスマートインターチェンジだ。
毎年南砺市としては2カ所重点要望してきた。
今年も政府はもちろん民主党を始め政党にも要望活動を行ってきた。
今後更にインターチェンジからのまちづくりにも取り組む。

又、城端桜ヶ池も今後力を入れていきたい。

昨日は山野金沢市長さんと面談。
今後の交流を始め、様々な連携の継続を確認した。

今年もあと1日

2010年12月31日
2010年も残すところ今日一日。
今年はどんな年だったでしょう?
恒例の清水寺の今年の漢字は「暑」
僕は国政や外交を見ると「迷」
家庭は「温」(なんて。。。。)

春は冷たい春だった。冬から一気に夏になった様な。
夏はとにかく暑い夏。

協働のまちづくり支援センター開設。
中央図書館オープン。
住民自治基本条例制定に本格的着手。
統合保育園着手。
クレー射撃場オープン。
公の施設の再編方針の案提案  
七転び八起き塾生による7月10日のナントの日
南砺里山博
越中飛騨広域観光圏認定。五箇山案内所開設。
南砺医療を守り育てる会発足
世界遺産五箇山合掌集落認定15周年記念事業

いろいろな事業に着手した。

熊に悩まされた年でもあった。

そして今日が大晦日。

市民の皆さんには輝かしい素晴らしい2011年をお迎え下さい。

作者 : 田中幹夫

南砺市長。 人が好き。南砺が好き。企業・利賀村役場職員を経て南砺市議会議員。そして2008年2代目「南砺市長」当選。53歳 市政・地域おこし・まちづくり・グリーンツーリズム・スキー・そば・ネパールなど様々な話題を提供します。南砺市利賀村で母、妻、長女(看護師)、長男(大3)、次女(大1)家族。

2015 年
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
2014 年
12
2013 年
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。