nanto-e.com archive

田中幹夫のちょっと一息

24年前初めてネパールを旅したときのまったりした時間を思い出す。利賀に住み、自然に向かい、そばを打つ。そんなゆっくりした時間がいい。ネパールでのひとときのように。ちょっと一息入れましょう。人が好き!南砺が好き!利他の心でまちづくり!「吾唯知足」「知足利他」

今日から6月!さて。。熊!?

2010年06月01日
今日から6月、朝ネクタイを外して登庁した。
クールビズという言葉も定着した感がある。が、決してだらしない服装に
ならない事が大事。

月初めは先ず庁議、定例記者会見などから始まる。
夏の子連れ熊に気をつけねばと話していた矢先山を見に行った方が熊に襲われ地元住民、消防、警察、猟友会の皆さんが警戒をしていた。

猟友会のベテランら3人で山に。突然真ん中の方が襲われれた。
熊はその後仕留められたが。二人の被害者のけがは心配だが、元気に対応しておられたとのこと。

早速。夏の熊対策。

午後は国土交通省で認可された越中飛騨観光圏協議会総会に。
広域化と観光圏での観光連携が大変大切である。
公共交通、PRの連携、2泊以上の商品開発など。

麺打ち!

2010年06月03日
先ずはツキノワグマ緊急対策会議



緊急的な今後の対応について確認。

そしてスプレー菊って知ってます。
南砺市福野は日本でも有数の生産地。新種を選びます。



昼は利賀へ。久しぶりに演出家鈴木忠志さんとお会いしました。
急いでとなみへ となみ田園空間協議会総会 副会長をしています。(会長は上田砺波市長)この事業は南砺市内では椿館、あずまたち高瀬。

第一回 医療協議会。
南砺市の医療について今後は地域包括医療ケアを進める仕組みづくりを民生部と医療局と連携を更に強く。連携というか一緒に。共に!

夕方は井波の七村のコシヒカリの米粉で麺を!試食会に。
久しぶりに綿棒を持って。難しい。


こしが強くおいしかったですね。この秋から製品化されるそうです。

菅総理誕生に想う。

2010年06月04日
一昨日の鳩山前首相の退陣スピーチで驚いたが。ひよどり、かむくどりかよくわからない最後まで煙に巻いたスピーチから今日は菅総理が誕生した。

組閣はまだ分からないが仙石官房長官、枝野幹事長の名前が上がっているようだ。キーワードは「反小沢」。もともと小沢氏は菅総理であれば小沢氏の権力は保持できると考えていたのではないか。しかし最初から「小沢氏は民主党のためにも、日本のためにも少し静かにしていたほうがいい」と。「クリーンなイメージを」と突き放した。

しかしながら菅氏は鳩山政権下の副総理、財務大臣である。どれぐらいの破壊力を持ってこの難局を突破できるのか懐疑的にならざる得ない。表紙替え、カバーだけ変えるのではさらに混迷を招くし、国民は民主党を突き放すだろう。

とにかく難しいかじ取りには間違いないが、地域主権など走り出した政策はしっかり繋げ、子ども手当など財源や方法論が取りだたされ、疑問視されている施策は変更も含めて地方の意見も含めて議論してほしい。

国民目線、地方目線で先ずは景気と日本国の名誉奪回。

国民の自信に満ち溢れた生活ができる国づくり。

民藝

2010年06月05日
5日は民藝全国大会。全国から多くの皆さんが城端へ。
先ずは城端善徳寺にて柳 宗悦氏50回忌法要。



そしてじょうはな座で講演とシンポジウム。

講師は 哲学者 内山先生
        中沢新一先生

シンポジウムは
コーディネーター 千秋 孝さん(井波出身 ジェーナリスト)
パネラー  石井知事
      内山先生
      中沢先生
      韓国 イさん
      太田住職




そして善徳寺でお斎
報恩講料理最高でした。
庵唄も



なんとこの大会にツイッターで知り合いのジャーナリストさん
とリアルでお会いしました。田中さん。

ツイッターが繋ぐ。南砺が繋ぐ。

2010年06月06日
先ずは朝起き会。5時から活動開始です。
そして終了後 平の人形山登山口に移動。
山開きと登山道整備50周年記念式典。



そして悲しい葬儀に。消防署員現職の53歳の若さで。。。。

昼は井波のそば屋さんでツイッターフォロワーの方らと情報交換。
すごい時代を感じる。

午後は世話になっている市議の後援会女性の集いで挨拶させて頂き。
T県議の県政報告会での本田先生の講演をお聞きしました。

4時から政所利子さんと情報交換会に。

そこで南砺市にきていらっしゃる中沢新一先生と政所さんがお知り合いどとのことで井波の秀夢館に、二人の驚きの再会を。南砺は繋がるを証明。

そしてツイッター仲間のジャーナリスト田中さんと情報交換会。
ブータンをつぶやいた事から始まった。ツイッターでの情報交換。途中から民藝の話題に。くくのち学舎。ネパールレストランと繋がって今回の南砺で繋がった。

初めて会ったのに懐かしい感じがした。

ブータンの話題はさすが。ブータンの国際空港のあるまちは「パロ」
世界一幸福度の高い国ブータン。その玄関のまちは「パロ」運命を感じた瞬間だった。

パロ空港にパロを。。。プロジェクト始動。

市長会を終えて

2010年06月10日
8日午後全国市長会分科会(第三分科会 民生教育)
「少子化対策を巡る最近の情勢」
「教育行政をめぐる最近の情勢」について厚生労働省と文部科学省より講演を頂き、各ブロックから上がってきた要望について協議・可決。

次は全く違う場所で行われた「全国街道交流会議総会」来賓は国土交通省道路局長、文化庁文化財記念物課長。勉強会は観光庁溝畑長官。観光戦略について。

続いて富山市長会へ移動。
富山県出身の農林水産省大臣官房 総括審議官 針原氏による講演「農林水産行政の最近の状況」と題して富山に関連する部分を中心にお話を頂いた。

折しも組閣の日であり、途中で審議官の携帯は鳴りっぱなし。懇談会途中退席に。

懇談会途中から「現場から国を変える首長の会」情報交換会に移動。会長の大豆生田足利市長、吉田本庄市長、松本和光市、山中松坂市長とツイッター仲間や全国でも有名な市長さんらと懇談。子ども手当について異議を唱える。熱い人たちばかり。私のさらに血も騒ぎ始めた。

そして9日は朝から全国市長会総会。来賓は先ず総理大臣補佐官 逢坂氏(前ニセコ町長)。途中から原口大臣。地域主権について積極的に取り組んでいる事が伝わってくる。

全国市長会でも活発な意見がたくさん出て執行部は大変でしょうが地方は国よりも改革を進めており、いろいろあるんです。モノ申すことは大切です。
もちろん市長会全体の意見の集約ももっと大切なんですが。

昼はいろいろ事務所周りをして全国青年市長会に。
全国青年市長会と提言・実践首長会と意見交換。

バラマキをやめさせよう。
国の総合調整力はどうなってるのか?
民度を挙げよう。

ビジョンが大切。

途中逢坂補佐官が来られ。
「真実は現場から」市町村重視の地域主権に。個別具体に入ってくると霞が関や地方からも反対派がでてくる。是非一丸となって進めてほしいと。

終了後外務省飯倉公邸へ。岡田外務大臣主催のレセプション。国際交流を推進する市長村長と各国大使との交流が目的。ミャンマー、ラオス、ネパール大使と懇談。

そして「にっぽんの。。。」に。
民藝に来ていたジャーナリストの皆さんと情報交換。
そこに吉澤さん登場。繋がった。
そしてなんと!!政所さんと平の酒蔵Yさんらも来店。偶然ではないカルマだ。

利他の心いっぱいの素敵な店でした。南砺からはドジョウのかば焼き、三笑楽、五箇山豆腐がメニューに。

素晴らしい夜でした。

という風に大変中身の濃い出張でした。

Test

2010年06月11日
Ipadからテスト。

6月議会一般質問

2010年06月12日
今日は6人の質問がありました。
誇れるふるさと景観づくりについて
市民協働と市民ボランティア活動
ボランティア活動に対するポイント制度について。
今後のまちづくりにはボランティアの活動は重要。
高齢化の進む地域での福祉ボランティアをどう評価
するのか、ポイントは何のポイントなのか。
課題はあるが、生き生きとしたボランティアの研究
を進め、南砺市式の仕組みを作りたい。
教育現場における「労働安全衛生委員会」設置について
少子化対策について
子ども手当について
地方負担を無くす約束を守りつつ。持続可能な財源を
確保し、地方の裁量分も考慮した現金支給と現物サー
ビス支給の仕組み。いろいろと制度設計も再考すべき
点もある。とにかく地方でも子育て支援策はやってい
る。地方に任せる方がいいところはたくさんある。
それこそ地域主権。
AEDについて
子宮頸がん予防ワクチン接種への公費補助について
子ども手当の動向や国への要望。財源の研究。
官製ワーキングプアについて
利賀ダムについて
自治基本条例について



日本の力!

2010年06月17日
あらー。こんなにブログ更新してなかったのか。と先ずは反省。

そしてこれからは言い訳。

最近Ipadを使い始めたらパソコンに向き合わなくなってしまったのです。実は。そして我がnanto-eブログはフラッシュとやらいうソフトを使って書き込みなどしているらしく(あまり理解していないが?)それがIpadでは使えず書き込みはメールで送信しなくてはならない。写真は入らないし、いろいろ。。。。。

ということで。言い訳その1。

そして議会開会中でいろいろばたついて落ち着いて書き込めなかった。言い訳2

「でも他の議員さんはいろいろ書きこんでる」と突っ込まれそうだから強くは言えない。

そして。。。サッカーワールドカップが始まって夜の時間配分がおかしくなった。   言い訳3

でもつぶやいてる。。。

まっ。ここは素直に謝ります。

しかしここ数日日本人で良かったことがいくつかありましたね。

先ずは「ハヤブサ」が「惑星イトカワ」から帰ってきた奇跡。日本の科学技術の素晴らしさ。やっぱり日本の科学技術は世界一でなくてはいけない。これが日本の財産なんだ。資源なんだ。

そしてサッカーワールドカップでカメルーンに勝利。
日本選手の頑張りに思わずガッツポーズ。

最近特に日本人を意識する。芯の通った日本人でありたいと思っている私だが、最近なんとなく世の中がぶれているような気がしているからだ。
もう一度しっかりとした国家観を持つ政治にしなくてはならないと思う。

日本人である誇りは歴史を築いた多くの皆さんの力から生まれている。我々の時代でさらにその誇り高き日本を創りあげていかなくてはならない。

来週から市内の小学校の給食会を再会できるので大変楽しみにしている。南砺の子どもたちに南砺市民の誇り。日本人としての誇りを持つことを伝えたい。

先ずは家族に感謝!そして今まで日本を築いてきた方々に感謝。「ありがとう」の気持ちを教えたい。

ということで少しためた日記を。
13日 大建工業で綱引き。まだ筋肉痛。
14日 議会一般質問
15日 産業経済常任委員会
16日 民生病院常任委員会
いろいろありました。健康にも気をつけて暑い夏を乗り切ります。体重も少し減りましたぞ。ほんの少しですが。

サウナスーツの効果か?

オランダに善戦。

2010年06月19日
南アフリカでサッカーワールドカップ。
カメルーンに快勝して、あまり期待度が高くなかった
岡田ジャパンの期待が急に上がった。

今日もあと少し。チャンスを作ってのシュート良かった
まだまだ決勝リーグのチャンスはある。
次の試合是非頑張って欲しい。

日本に元気を!
日本の力を!



若い二人に乾杯!

2010年06月19日
今日は川森さんの長男の結婚式に。
初の仲人でした。
小さい頃から知っている新郎。
かわいいお嫁さんをもらって本当にうれしそう。

若い二人。本当に微笑ましい結婚式でした。
先ずは両親に、家族に感謝し、幸せな家庭を築いて下さい。
おめでとう。




どうした?お相撲さん

2010年06月19日
相撲協会の野球賭博問題は大きい問題だ。
テレビで頭を下げる陸奥親方。だいぶ前だが、東京で
お会いしたことがある。サインを私のシャツに。出張
中の私は上着が脱げなくなったことを記憶している。
かっこ良かった。

今回の賭博問題。親方や幕内力士まで手を染めていた。
野球賭博は裏に大きな反社会組織(暴)がある。
ちょっと前に砂かぶりに暴力団関係者が座っていたこ
とが明るみに出て親方が処分されたばかり。
やっぱりか。という感じだ。

名古屋場所の開催はどうなるのか?
真面目な力士まで影響が及ぶことが悲しい。

でもこれを機会に日本相撲協会しっかり立て直して欲
しい。日本の国技なんですから。

さて昨日は
5日に開催されました日本民藝協会全国大会をプロデ
ュースした井波出身のジャーナリストの方と懇談。

一流の田舎づくりについて話し合いました。

午後は議会全員協議会。
当局より多くをご説明させて頂きました。
議会最終日に平和都市宣言します。
口蹄疫対策。
地震マップ。
などなど。


-----------Ipadより送信------------------------------
田中幹夫です。
返信は mailto:tanaka.mike@city.nanto.lg.jp
にお願いします。
twitter Http://Twitter.com/tanakatoga
------------------------------------------------------------

中村前平村長旭日双光章祝賀会

2010年06月20日
午後前平村長 中村氏の地方自治功労 旭日双光章叙勲祝賀会に。
発起人代表をさせて頂いておりました。
平村長として過疎地の生活基盤整備や世界遺産登録。スキー場の整備選手育成などのお取り組みはすごい。地域一体となってのお取り組みです。

平高等学校 郷土芸能部の五箇山民謡から始まった祝宴。
若人の堂々とした演技もすばらしかった。

綿貫、河合両先生を始め寺林管理者などご来賓にもお越し頂いて大祝賀会でした。今後とも地方行政、住民自治にご指導賜りたいと願います。

市体開会 スポーツの夏!

2010年06月20日
早朝城端駅前に。なんとの日エコプロジェクトに参加。
ごみ拾い。

そして第六回南砺市民体育大会開会式に。
昨年スポーツに頑張ったみなさん25名が表彰を受賞。
おめでとうございました。

開会式で福野中学校ブラスバンド部がドリル演奏。
これが凄い。全国大会のコンクールでも上位に位置する
ブラスバンド部なんです。

素晴らしい。

さてこれから一日民生・児童委員に。

現場から国を変える

2010年06月21日
子ども手当全国多発的に報道に記事提供しました。

【要旨】
子ども手当に関する民主党のマニフェストは以下の4つの点であいまいなところがあるので、24日から始まる参議院選挙期間中に、それを明確にしていただきたい。
1、13,000円の上積み部分の具体的な金額について。
2、恒久財源をどのように調達するのか、その方策について。
3、給食費・保育料の滞納世帯については自治体の裁量で天引きができるのかどうかについて。
4、当初の約束である地方負担分をなくすことについて。




前に言いましたっけ?

2010年06月23日
市内小学校を廻り子どもたちと一緒に給食会をということで廻っているんですが、新年度を迎えて再開。

福光南部小学校へ行ってきました。
元気な子どもたちとの短いが一緒の時間は楽しい。

お知り合いの子どもさん。お孫さん。の顔も見えて。
この小学校は三世代同居率が非常に高い。
地域挙げて学校行事などにも取り組んで。素晴らしい。

今日のメニューは地元の畑で採れたキャベツなどの野菜のアーモンド和え。小魚のフライ(私には一匹多かった。感謝)ごはん。けんちん汁。地元牛乳。

午後は保育園も二箇所廻りました。昼寝中の南砺市の宝の寝顔がなんともかわいらしい。

明日も平小学校へ行きます。

ちなみに前に言ってましたっけ。
「學都」という雑誌の紹介されました。是非皆さんお読みください。
「シリーズ自治体経営 私のかじ取り」です。

二つの委員会

2010年06月24日
まずは午後第一回南砺市公共施設再編計画検討委員会。
夜は第一回南砺市協働のまちづくり条例策定委員会。
今年度の重要な委員会二つが立ち上がる。
様々な角度からご意見を集約し、継続可能な地域を、
生まれて来て良かったまち、住んでみたいまち南砺を
創るために大切な委員会。

さて今晩はワールドカップサッカー(正確には明朝
3:30)デンマーク戦。がんばれ日本。

テレビで城端曳山が!

2010年06月24日
KNBふるさとスペシャル「ギュー山と城端人」放送
決定。6月27日(日)午後4時半から1時間番組です。
是非お見逃しなく。

祝 岡田ジャパン決勝トーナメント

2010年06月25日
あさの目覚めは深夜3時。もちろん3時半キックオフ
のジャパン対デンマーク戦をテレビでの応援のためだ。
3対1で勝利。決勝トーナメントを決定付けた。
忘れられない日になった。

今日もいろいろな会議があります。眠いが利他の心で
仕事します。

先ずは岡田ジャパンに感謝と祝意!

サッカーはすごい。

2010年06月26日
朝から会う人のほとんどが眠そうな日だった。視聴率
でたでしょうね。
さて、今週月曜日から南砺市に財務省、警察庁、国土交
通省から新人(キャリア)3人が研修に来ていました。
優秀な官僚には少しでも地方の現状を知って頂きたく
様々な研修を通して感じて頂きました。
税金未納者宅への収納や上下水道、災害、暮らしなどを
市民(国民)と一番近い市町村の仕事を体験して頂きま
した。初めての事ばかりのようで、いい研修になったの
ではと思います。が。私も冒頭の挨拶、木曜日は夕食を
共にしての情報交換、最終日は午前中に研修で感じた地
方について意見をお聞きしました。
これから国の中で様々な仕事をして行く上で現場を大事
似して欲しいと思います。国の組織全体が今の時代にあ
っているかどうか?国と地方の関係などは?等いつも考
えながら仕事をして欲しいものです。

確かな未来は懐かしい過去にある。利他の心でと。

伝えました。

夜は五箇山荘での南砺市ボート協会総会に。

そして田中敏江さんを講師に「ブータンの幸福度」の
講演があり、私は間に合いませんでしたが。講演後の情報
交換会に参加しました。

市民総満足度を意識した。まちづくり。
市民がそれぞれ利他の心を持って暮らすまちづくり。
南砺市版のGNH指標を考えてみます。皆で。


茅葺き文化の継承と生業

2010年06月26日
今年二月に今まで10年活動をしてきた任意団体から「社団法人 日本茅葺き文化協会」が設立され、第一回の総会が平で開催された。
市は世界遺産15周年記念事業として共催をさせて頂いたものだ。

設立総会後「第一回 茅葺きフォーラム」が開催され、オープニングで安藤理事長についで挨拶をさせて頂いた。




安藤理事長は継承する事の難しさはある、しかしながらまちづくりにも、環境問題にも今後は必ずや茅葺きは地域に貢献すると。私も同感。

私は時代は「一流の田舎」を欲している。いまこそ集まった皆でこの文化、日本の良さを発信していくべき。日本人の美徳である「結い」「利他の心」ですばらしい物を次代に引き継いでいきたい。

170名程の参加者があった。ほぼ全国から集まって頂いた。そして若者が多い事に感動した。

様々な立場での方々が参加し、情報交換、交流が大きな力になる。そう信じています。

暮らしは厳しい、でも多くの方々と一緒に考え、行動する中から満足度、幸福度の高い暮らしができる。そんな地はどこにでもある物ではない。
特に「田舎」の特権なのかも。利他の心のあるところにしか考えられない。そうなんです。

私も標高650mのところに生まれ育ったもの。そして我が家も茅葺き、に囲炉裏。残念ながら私が生まれる前に茅屋根を降ろしたが。

結いや地域コミュニティーは同じ。そんな地域だが高齢化と過疎の波の中でなかなか継承は難しくなってきている。いままでと違う仕組みづくりも必要だと思う。地元だけではなかなか対応できない。

多くのボランティアーや都市交流、行政との協働のなかで継承のシステムづくりをしていかなくてはならない。

初めて来たのに なつかしい! そんな田舎いいですよ。自慢。


国際交流フェスティバル

2010年06月26日
朝から小雨がふる涼しい一日だった。
ワールドカップサッカーが始まって、特に日本選の後は寝不足で、今日こそ少しゆっくりと思っていたが早朝に目覚める。加齢の現象か?

今日の市内、特色あるイベントやフォーラムが開催される。
先ずは市有効交流協会の「国際交流フェスティバル」。県内各地の外国語指導助手らと市民とのふれあいのイベント。フリーマーケット、各国の紹介。料理紹介など。明日まで開催。

先ず会場で挨拶。ワールドカップが様々な国に興味を持つきっかけになっているようだ。

イラクのチャーハンを食べた。私の好きな味。



なんとは国際交流が盛ん。
中国紹興市と友好関係を結んでいる。他にも
アメリカ、オーストラリア、ギリシャ、中国への中学生派遣事業を行なっている。
更に韓国平晶群・ネパールツクチェ村・ラオス・ミャンマー
それぞれの団体が交流を深くしている。

国際理解、国際交流、国際貢献大切な事だ。
行政で出来る事、市民団体で行なうもの、中学生の見聞を広めるもの、いろいろある。
ほかには外国人観光客の誘致活動に繋がるものもある。

ちなみに7月15日は中国紹興市で市制2500年記念式典に参加する。2500年とはさすが中国。


映画 クロッシング

2010年06月27日
喉が痛い、咳が出る。
そんな朝。

朝刊には参議院選挙の世論調査に結果が出ている。

映画を紹介します。
韓国映画 「クロッシング」です。

キム・テギョン監督 チャ・インピョ主演。






2007年北朝鮮の炭坑で働く元サッカー選手ヨンスは家族(妻 11歳少年ジュニ愛犬)と貧しいが幸せにすごしていた。ある日妻のヨンハが肺結核で倒れその薬を入手するために脱北する。最初は中国で薬を手に入れて直ぐに変える予定だったが、結局韓国に亡命。

妻は亡くなり、息子ジュニの過酷な人生が始まる。強制収容所の様子や街の様子が生々しく映し出されている。

ヨンスは韓国からブローカーを通して妻と子どもを脱北させようとするが既に妻は他界しており、息子ジュニを強制収容所から出し、モンゴル経由で亡命させる。しかしモンゴルの砂漠でジュニも力つきる。父の悲しみ、罪悪感そして何よりも北朝鮮の貧しい状況が生々しい。

スタッフの中に30人以上の脱北者をいれての映像はかなりリアルに北朝鮮を映し出している。北と南の分断国家、離散家族がこんな平和な時代においても存在する事を知ることができた。そして私たちは拉致家族にまで繋げるべき。日本人としてもっと考えなくてはならない。現実に日本人が今もなお拉致されてあの北に住んでいる。救わなければならない。救うことが出来なければ真の独立国家じゃないのでは。参議院選挙真っ盛りにそう思う。

サッカー好きな少年の名演技。ワールドカップ開催中だからこそ痛く鮮烈に少年のドリブルが残る。日本は平和に見える。世界はサッカーを通じて北朝鮮の現実をもっと知るべきだ。その北朝鮮もワールドカップに出場していたが。。。。

ほとんどノンフィクションに近いものだ。是非多くの日本人に観てほしい。

よくがんばった!日本サッカー

2010年06月30日
大相撲名古屋場所が野球賭博へ関与した力士や親方への処分を決め開催される運びとなってるようだ。
開催については賛否両論あるが、あの若手の練習風景を見ているとやらせてあげたい。

絶好調の力士は現時点での一番が大切なんだと思う。
その裏で相撲協会は様々な問題が今までも何も解決されてきていないようだ、危機管理能力のある経営者が必要に思うが。内部だけの役員だけではなく。。

そして昨夜のワールドカップ。惜しかった。
私は飲酒の会合があり観ていのか寝ているのかわからない状態だったが、本当に惜しかった。

よくやった!日本。

昨日は午後富山観光連盟砺波地区会総会に出席した。
砺波市、南砺市の観光関係者の会だが、昨年は名古屋事務所に砺波情報センターを開設、そして越中飛騨観光圏の認定を受け、砺波市は観光戦略局が、南砺市は観光連盟が一本化した。

国も観光産業を成長戦略と位置づけて取り組んでいる。

更に観光行政と観光関係団体が連携し取り組んでいきたい。と挨拶した。地区会の皆さんの益々のご活躍、ご発展と日本がパラグアイに勝つことも祈念してと。

ところでブラジルに移住した2世の親戚のおばあちゃんが亡くなったとの訃報が飛び込んできた。かなりの高齢だったが、何度か利賀の家のほうに長期間遊びに来ておられた。私も子ども達も可愛がって頂いた思い出がある。
サンパウロで牧場を営み、子どもたちはすべて医者に育て上げた元気なおばあちゃんだった。

作者 : 田中幹夫

南砺市長。 人が好き。南砺が好き。企業・利賀村役場職員を経て南砺市議会議員。そして2008年2代目「南砺市長」当選。53歳 市政・地域おこし・まちづくり・グリーンツーリズム・スキー・そば・ネパールなど様々な話題を提供します。南砺市利賀村で母、妻、長女(看護師)、長男(大3)、次女(大1)家族。

2015 年
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
2014 年
12
2013 年
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。