nanto-e.com archive

田中幹夫のちょっと一息

24年前初めてネパールを旅したときのまったりした時間を思い出す。利賀に住み、自然に向かい、そばを打つ。そんなゆっくりした時間がいい。ネパールでのひとときのように。ちょっと一息入れましょう。人が好き!南砺が好き!利他の心でまちづくり!「吾唯知足」「知足利他」

3月定例会開会

2010年03月01日
今日から3月。3月定例会開会です。
所信提案理由説明しました。
市民との対話を通じ、市民満足度を高め、活力有る地域社会を作り上げて行くには市民と協働のまちづくりを進めて行く事が大切。
そして更に南砺市ブランドを売り込んで行く仕組みづくりを。

次世代に選ばれるまちづくり。
 次世代にとってみ魅力的な南砺市づくり。
 現在居住している市民飲みなさんに誇りに思って頂く南砺市づくり。
 交流人口の拡大。

「未来への投資」予算としました。

観光って総合産業!

2010年03月02日
先ずは南砺里山博。
平成22年度新南砺市観光協会設立に合わせて、市内の地域の魅力を磨き込み、連携して発信する企画。「南砺里山大博覧会」のキックオフ会議でした。
新たな大きな施設を作ったりする博覧会ではない。それぞれの地域をパビリオンとして。今ある大切なものを、もしくは今まであったものを復活させて、魅力を磨き込み連携し発信する。そういう博覧会。

エコ、地産地消、伝統文化にこだわった博覧会になれば。と思う。

次期は7月から10月。

そして昼は中核農家女性部の皆さんと意見交換会。井波のイタリアンレストランで。

米粉を売り出す仕組みを作ってほしい。作る人、デザインする人、売る人役割分担できないだろうか?
新しいブランドを作りたいなどいろいろなご意見をお聞きした。

料理は南砺の食材で作ったイタリアン。

そして福野で講演。夢と現実を語って来ました。

夕方からは平 春光荘で「越中・飛騨観光圏協議会」設立総会。
全国初の県境を超えた、ミシュラン三ツ星が三つある観光圏は話題を呼びそう。

石井知事、高山市長、飛騨市長、白川村長、高岡市長、氷見市長、射水市長、砺波市長、小矢部市長、南砺市長が出席。

富山呉西6市と白川村、飛騨市、高山市との広域連携となる。

球児たちの卒業とラオス国家主席歓迎

2010年03月03日
今日は南砺総合高等学校福野高等学校として最後の卒業式(四月から福野高等学校)に出席、祝辞を述べさせていただいた。今年の卒業生は甲子園出場を果たした子どもたちを始め、勉学に、部活にがんばった。
これからが大切。エールを送りたい。

午後上京。打ち合わせやご挨拶に廻って、夕方ホテルオークラ東京での「ラオス国家主席歓迎レセプション」に。秋篠宮、妃殿下両殿下をお迎えして盛大に開催されました。横路衆議院議長らも挨拶に立たれました。

南砺ラオス会の交流を大使館が認めての今回の出席となったもので、片岸会長や、日の出屋社長、富山大学教授、昭和ノート社長、高橋さんとで出席。

昭和ノート社長は福光ご出身で先日新たに東京富山県人会会長になられたばかり。いろいろなアイディアマンで、南砺市福光産の米とキティーちゃんをセットにキティーちゃん米として販売されていたり、ドラえもんでまちおこしをと高岡市でもアイディアを提供されていらっしゃいます。今度は南砺市でといろいろ盛り上がりました。

なんと君の友達「テマちゃん」で。。

新たな南砺市のブランドのアイディアもいただきました。また広く繋がった夜でした。

七転び八起き塾施策発表。

2010年03月06日
 昼に打ち合わせ後津沢のコミュニティーセンターで開催されました砺波地区PTA連絡協議会の次期会長研修会で元会長として挨拶させていただきました。
 3年前に同会の会長をさせていただいておりました。

 そして福野で参議院議員 佐藤正久先生と語る会の発足式に。石破自民党政調会も来られ、ご講演をいただきました。たくさんの支援者が集まり盛大に発足しました。会長の野沢さんのパワーはすごい。

 夕方は昨年私が塾長として発足した人材育成「七転び八起き塾」の提案発表会に。なかなかユニークな新しい発想の提案を頂き、審査をしました。

 7月10日を「なんとの日」としていろいろなイベントや取り組みをPRしていこう。

 提案も良かったがこれまで初対面も含めて初めて会った若者が一生懸命協力し、絞り込んで考えた過程の中で南砺の良さ、人の良さが理解できた。もっと発信したいという気持ちになったことが大きい。
そして皆で考えてことが真剣に聞いてもらって、来年の事業として進めていくことになる。さらに一致団結して取り組んでいくことに。このような人材がさらに増えていき、他と連携することによってさらに広く広がる。このことが大きい。

代表・一般質問

2010年03月08日
本日より3月議会代表質問・一般質問。
まずは自民クラブ代表質問。
H22年度予算内容とマニフェスト事業等
下水道事業の接続率向上対策について
上水道整備と消火栓について
スマートインターチェンジの設置要望について

南砺市民の会代表質問
 五箇山地区の地域振興について
 人口動態の現状把握と要因分析を
 五箇山の存在意義と価値の共有
 新過疎法によるソフト事業について
 平高校を核とした人育て、地域づくり

一般質問。
 スクールバスの運用再検討について
 学校給食を通しての教育方針は
 子供たちの地域行事参加について

 行政改革について

 市の財政運営について

 男女共同参画社会の実現について

 ふるさと回帰を捉えたまちづくり

一般質問二日目

2010年03月09日
本日本会議 一般質問。
それにしても利賀ダムの質問があったが、質問自体はあって当然だと思う。しかしながら利賀地域の住民は「ダムはいらない、道路がほしい」との発言。当然道路がほしいのが本音にあるんだが、そのためにも是非ダム建設をと理解して、農地や林地、家屋も提供していただいている。村民上げて早期完成を願っている。どんな状況でも通行止めにならない「命の道」を夢見て。それなのに。住民の気持ちを踏みにじる発言はいかがなものか?

地域内分権は行政の下請けだとの質問もあった。
今までと変えて住民目線で、地域の実情に応じた施策をと提案しているもの。

ふるさと教育の必要性や名誉市民条例の制定をと。
大切なことだと思う。是非。

予算特別委員会二日間。

2010年03月11日
昨日、今日と予算特別委員会でした。
初日は7人。今日は8人。
一問一答なのでなかなか緊張感もあります。
答弁は基本次長、部長が。二日間私は聞き役です。

内容もかなり深いものになります。

昨日は市民病院の耐震化について。まだまだ未調整の用地取得の関係と井波高校跡地利用の問題がありますが、慎重に進めなくてはなりません。

旧ベルの会計検査からの指摘事項についても質問がありました。今回の検査で商工会の「工」の部分が目的外使用とのことで反論はしていたものの、認められない状況らしい。補助金返還となると早急なる支払いが必要なため経済産業省と相談の上予算計上しました。現在まだ会計検査院にて経済産業省と協議中です。

今日は看護師確保のための奨学金制度についてや、消防署広域化の件。行政防災無線、利賀ダム。中央図書館等について質問がなされた。

ベテラン、新人で質問の持って行き方もいろいろ。参考になりました。

一議員に不明確な質問がありました。答弁は誠心誠意しっかり明確にしたいと日々思っていますが。質問者も正確な情報のもとに質問をしていただきたい。

最近小学校を廻って給食を子どもたちと一緒に食べる時間を取っています。井口小学校と福野小学校を廻りました。自校給食の良さ、地産地消、食育の状況をこの目で。しかし、栄養教諭、栄養士、調理員の皆さんのご苦労は大変なもの。栄養はもちろん。楽しい、美味しい給食は子どもたちにとってとっても大切。
子どもたちの元気に私もうれしく思っています。
もちろん給食は自費ですよあしからず。

子育ては南砺市!

2010年03月12日
本日議会民生病院常任委員会。10時より
町部の4庁舎にある「証明書自動交付機」の手数料を50円下げるための条例について。
現在利用率は30%を超えているがさらに周知をして利用率向上につなげたい。その事で窓口に来られる市民の皆さんにも満足して頂きたい。将来的にはコンビニやショッピングセンターに自動交付機設置も考えるべきかもしれない。

南砺家庭・地域医療センター会計を市民病院の診療所として企業会計であったが、市民病院の会計をより明確かする為にも、さらに南砺家庭・地域医療センターに総合医研修の為の拡充を図り、3診療所との連携を強くすることも含めて診療所として設置条例を改正するもの。

その他活発な議論を頂き、午後6時まで続いた。

南砺市の保育料は県内では一番安い。さらに小学6年生までの治療費無料化や保育園。地域性。学校。子育てしやすい市ポイントは高いと思う。産婦人科が閉鎖中だが、子育てについては自信を持って一番にしたい。
地域上げて「宝」を育てる力がある。よし!!!

看護師を目指す市民の方に是非使ってほしい奨学金制度を創設する。
5万円/月の奨学金を支給。卒業後5年間市の公共医療施設で看護師として働いて頂ければ返還しなくても良い。是非。お問い合わせを。

平成22年度予算。条例。補正予算。
統合保育園。ゴミ。コミュニティーバス。病院。国保。いろいろ幅の広い分野なのでやっぱりじかんはかかります。

終了後利賀建設業協会総会に。今日は利賀泊まり。

五箇山で富山の医療を語ろう。

2010年03月13日
今日は午後福光での自民党連合支部総会にて挨拶をさせて頂きました。
そして平へ。
NPO法人富山地域医療教育支援センター主催の「五箇山で合掌造りに泊まって富山の医療を語ろう」という勉強会が開催されました。

実は富山大学医学部総合診療部 山城教授と平婦人会の皆さんとのコラボで決まった。

平婦人会の皆さんの熱き想いは。住みやすい世界一の五箇山にしようという事で先ずは地域医療を勉強したいという事で。

山城先生の「山間部の地域医療を守るには」の講演を。
残念ながら途中参加の私は資料だけ頂いて来ました。

皆さんの熱い思いと医学部学生さんや医師の皆さんそして南砺市医療関係者も参加していて本当に意義深い勉強会でした。

南砺市の医療は「村は大きなホスピタル」地域住民と行政ですばらしい地域医療を目指す。医師のお力をお借りすることはありますが。先ずは私たちから。

市といたしましても高齢化の進む南砺市。過疎の診療所を有する南砺市ですので診療所の連携を強く、さらに病院との連携ももちろん。福野の南砺家庭、地域医療センターを地域医療の拠点化をしさらに充実して行きたいと思っています。もちろん研修医の皆さんにも選ばれるように。。

卒業生に!

2010年03月18日
14日氷見市長選挙出陣式と黒部市長後援会事務所開きに。氷見市長は無投票当選となった。4期目さらに氷見市民の信頼を勝ち取った。安定した手腕に私も学ぶところばかり。

そして夕刻より私の資金管理団体「南砺結いの会」総会に。スピーチ早口になってしまった。。。

15日。産業建設常任委員会。夜は若手職員の研修会に。懇談会でも盛り上がった。

16日 中学校卒業式。私は4月に統合した平中学校へ。すばらしい子供達に終止感心。1年で平、上平の一体感はさすがだ。KNBより「七転び八起き塾」の取材を受けた。23日に放映だそうです。夜は小矢部で講演。

17日 特別交付税額が決定。一安心。
総務文教常任委員会。夜は教育委員の皆さんと情報交換会。福野のそば屋で二次会。

18日 今日は楽しみの給食会。上平小学校編だった。卒業式前日という事で6年生は最後の小学校給食という記念すべき日。赤飯がでてた。
楽しいひととき。卒業生の皆さんおめでとう。

明日は小学校卒業式。城端小学校に出席。

南砺の宝 子供達の巣立ちは本当に楽しみだ。この南砺に誇りを持ってほしい。すばらしい南砺市をふるさとを更に好きになってほしい。

そして大きな夢を持って。多くの友人を作ってほしい。

全国椿サミット2010久留米大会

2010年03月20日
朝の小松からのフライトで福岡空港へ。
3連休初日で拘束が混んでるらしい。
JRで博多経由久留米へ。福岡空港で片山堂山氏とばったり。福岡での尺八講習のためらしい。

久留米。風が強い。天気は下り坂。
昨年南砺市で開催した全国椿サミット。今年は久留米市での開催。全国から椿愛好家集う。日本つばき協会会長は南砺でもお世話になっている桐野さん。お会いして挨拶を交わす。

まずは理事会。来年度の開催地は大船渡市。樹齢1400年の世界一の古木椿があるらしい。
その次は萩市。そして沖縄ヤンバル。

フォーラムではあの「シーナ&ロケッツ」鮎川氏とシーナさん。鮎川さんの椿との出会いと愛情、そして椿をきれいに見るために禁煙した話。そして「久留米の「正義(久留米椿)」がヨーロッパまでも渡った。久留米人としては椿を自慢しよう」との言葉。本当に素朴なロッカーが椿を思う気持ちがなかなか良かった。

シーナ&ロケッツは我々の若かりし頃のスター。ソニーのステレオのCM出てましたね。

シンポジウムでは
椿油の美白効果。椿による地域づくりなど。

フォーラム冒頭の三井中央高校の太鼓部もすごかった。そういえば昨年は平高校郷土芸能部に出てもらったはず。

続いて交流会。立食で国際会議の関係で長く待ったせいか。少し疲れ気味。締めの挨拶をさせていただきました。

早めにホテルへ。。。。漠。

富山と能登を考える会

2010年03月21日
朝風が強くフライトが心配だったが。どうにか福岡から羽田そして富山へと移動した。ほかのフライトは運休などあったらしく福岡空港内もざわついていたようだが。こちらはほぼ時間どおりに。
富山空港から和倉へ。

「富山と能登を考える会」に。
北陸新幹線開業、東海北陸道、能越自動車道等を活かし、さらに連携して観光客誘客をと異業種での交流を含めて開催されたもの。一昨年に初めて開催。今年初めて参加させていただいた。

広域での誘客、情報共有。そしてこの会をさらに広げていくということで全員意見一致。富山、能登からそれぞれ7名づつの参加だった。

発起人はあの加賀屋の社長さん。30年日本一の旅館のサービスには驚きと感激。参考になる部分もたくさん。

先日五箇山で開催された地域医療を考える会に参加の恵寿病院の理事長さんにもお会いでき、いろいろ発案をお聞きしました。

高齢化ではない長寿化の進む地域での病院、福祉活動では本当に参考になります。

利賀スラローム in  たいら

2010年03月22日
今日今までスノーバレー利賀で開催されていた富山県スキー連盟公認利賀スラロームがたいらスキー場で開催されました。

スノーバレー利賀スキー場が地滑りのため休止中ということで利賀スキークラブがたいらスキー場に会場をお借りして開催したもの。

朝20cmの積雪があったそうですがいい天気の中で開催でき本当によかった。私も午後顔を出しました。

昨年末まで私が利賀スキークラブ会長をしていました。

利賀スキークラブの皆さん。たいらスキー場関係の皆さん。そして富山県スキー連盟の皆さん。参加の選手。監督の皆さん。最後の大会ご苦労様でした。ありがとうございました。

ギフチョウ給食会と3月定例会

2010年03月23日
 今日も昼食は城端小学校での給食会。3年生と一緒でした。地元のご飯の炊きたてのにおいが大好きという子供たちと。美味しかった。

 城端小学校は3年生がギフチョウを育て、生息の調査を地元のナチュラリストの皆さんと一緒に取り組んでおられます。餌のカンアオイを育て、町内に放蝶する。給食中にその説明を聞いた。いきいきした子供たちの顔がいい。

 4年生はじゃんとこい麦や。5年生は農業体験、等教育後援会の皆さん。陽だまりくらぶの皆さんなど地元住民の皆さんにいろいろ教えていただいている。正に地域で地域の宝を育てていただいている。

 午後は3月定例会採決。平成22年度予算を始め全議案をお認め頂きました。代表・一般質問、予算特別委員会、各常任委員会での議論を事業実施に活かして更なる市民サービスの質の向上を目指し、住みよい魅力的で注目されるまちづくりを進めます。

我らが誇りと誇りの技

2010年03月25日
朝から保険師さんにメタボ指導を受け、自衛隊入隊激励会に。今年は市内から1名。なんと利賀の息子の同級生。立派になって。両親も一緒に。身内なんで。
日本のために、郷土のために働く素晴らしいこと。がんばってほしい。

昼 富山のホテルにてスケート銀メダルの田畑選手、穂積選手の県民栄誉賞授与式、祝賀会に。両選手、監督、そしてサポートし続けた「ダイチ」。県民の誇りです。明日は市長室に来ていただきます。

そして牧野鯖江市長さんと井波でお会いしました。「越前漆器・井波彫刻 誇りの技 ベストミックス事業」についての会議です。地方の底力 技のコラボで世界に発信しましょうと。
素敵な漆器のUSBメモリー、時計を頂きました。素晴らしい。匠の技の伝承のためにも大切な事業です。

 夜は協働のまちづくりワーキングチームの提言発表会に。行政にとって協働のまちづくりを市民と主にやる前にもっとやるべきことがある。また、もっともっと情報公開を進めながら。等意見をお聞きした。

4月1日に井波アスモ二階にオープンする協働のまちづくり支援センターの見学会。なかなか好評でした。
多くの人に利用していただきたい。

富山の、いや日本の誇り うれしい日

2010年03月26日
昨日富山県民栄誉賞受賞のスケート選手。バンクーバーオリンピック銀メダリスト田畑選手、穂積選手、羽田監督と友人の株式会社ダイチ田中社長が福野庁舎へ。職員と一緒に出迎え花束を。

そしてあの銀メダルを。なんと。


田畑選手と穂積選手と

そしてもう一枚


メダルは貰えなかったが大監督。羽田氏と。

そして我らが金メダル 株式会社ダイチ社長と。。

あれっ 写真がない。

利賀職員時代からの友人でして。
まさか、オリンピック選手を育てる会社の社長さんになるとは?????

相手も「まさか市長になるとは???」と返してくる。

スペシャルゲストに大きなエネルギーを頂きました。

小学校と障害者の皆さんの施設へとお願いしたら喜んでたくさんのサインを書いて頂きました。
後日お届けします。

それにしてもメダルは重かった。重量もそうだが、努力と練習、涙、喜び、情熱。いろいろなものが詰まった重さだった。

ソチでもがんばって。もっと。もっと応援しましょう。

椿まつりから劇団SCOTウインターシーズン

2010年03月27日
朝、井口 椿館の庭は新雪が積もって真っ白。
いのくち椿祭りのオープニングに出席。
橘代議士や山辺、武田両県議にもおいでいただいての開会式でした。

がんばる自治振興会応援プログラムで素晴らしいモニュメントが登場。井口のシンボル的な円筒分水に椿の木彫で飾られている。上畠アートで世話になっている佐藤さんの作品でした。

椿の花のきれいさを改めて感激しました。

昼は利賀の蕎麦屋で高岡市長と昼食。そば、おこわ、岩魚の塩焼き、煮物、赤カブ漬物。美味しかった。

そして劇団SCOTウインターシーズン
まずは「打楽器とヴァイオリンの競演」福光中の子ども達も来てました。
そして創造交流館でのトークショー。演出家鈴木忠志氏と私のトークショーでした。

その後谷崎文学「お国と五平」を観劇。

その後SCOTクラブ交流会。
夜は富山県PTA連合会アドバイザーさん2名と懇談会。久しぶりにいろいろお話しました。

充実した日でした。天気も良く。

年度末です。

2010年03月31日
平成21年度も今日まで。明日から平成22年度のスタートです。
先ずは先日井波を訪問いただいた鯖江市長さん。その時に進めていた事業が採択になりました。今回は鯖江市の事業ですが。市長のブログ紹介します。

伝統工芸 文化を協力して発信していきます。

さて、3月も残すところ1日。正月から予算編成を経て平成22年度の予算をお認め頂く3月議会。そして人事など3月は何かと多忙である。そして人事異動などで引継ぎや引越しの時期が今。退職者もいらっしゃるので送別会もそうである。心身共に多忙な季節。

そう言っても平成21年度も今日が最終日。
午前中退職者の皆さんに辞令交付。
永きわたり職員としてがんばっていただいた方々。一般行政職、保育士さん。調理員さん。看護師さん。医療関係者。など。中には途中退職で新たな夢に向かっていく方もおられます。

その後着任 異動の教職員の皆さん69名の辞令交付式に出席。激励を申し上げました。今日は教科書のニュースが新聞紙面に出てましたが。

地域上げて子供達に南砺に生まれ育って良かったと誇りえる教育を学校と、行政と、地域と家庭で築こうと。

「確かで豊かな未来は懐かしい過去にあるんだ」

私もアンパンマン系子供達に会いに積極的に給食会や入学式、卒業式などイベントにも出かけますと。

とにかく一緒にやろう。頼む。と激励を。

ため池百選に南砺市から二箇所

2010年03月31日
この度農林水産省のため池百選に南砺市から二箇所選ばれました。井口赤祖父池と城端桜が池です。

ため池百選とは

全国に約21万あるため池の多くは長い歴史を有し、農業用水の水源として農業の礎(いしずえ)を担うとともに、地域の文化にも深く関わり、周辺の農地や里山と一体となって多様な生物の生育・生息の場となっています。また豊かな自然環境とのふれあい・やすらぎの場、さらには環境教育の場など、多様な役割も発揮できる場であり、地域振興の核となる可能性を秘めています。

他方、農業者の減少・高齢化に伴い、従来のようなため池の維持管理が難しくなり、防災面での脆弱化や多様な役割の発揮が困難になることも懸念されています。

このため、「ため池百選」を選定し、地域にとっての資源であるため池が、地域活性化の核として保全・活用される取り組みの機運を醸成するとともに、ため池の有する多様な役割と保全の必要性について国民の皆様のご理解とご協力を頂くための契機といたします。


ため池百選
作者 : 田中幹夫

南砺市長。 人が好き。南砺が好き。企業・利賀村役場職員を経て南砺市議会議員。そして2008年2代目「南砺市長」当選。53歳 市政・地域おこし・まちづくり・グリーンツーリズム・スキー・そば・ネパールなど様々な話題を提供します。南砺市利賀村で母、妻、長女(看護師)、長男(大3)、次女(大1)家族。

2015 年
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
2014 年
12
2013 年
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。