nanto-e.com archive

田中幹夫のちょっと一息

24年前初めてネパールを旅したときのまったりした時間を思い出す。利賀に住み、自然に向かい、そばを打つ。そんなゆっくりした時間がいい。ネパールでのひとときのように。ちょっと一息入れましょう。人が好き!南砺が好き!利他の心でまちづくり!「吾唯知足」「知足利他」

ダイナミックに変わるソウル

2009年10月01日
ソウルはいつも驚かされる。
ダイナミックな世界都市ソウル。
清渓川(チョンゲチョン)の復元。


そして大通りの中心を花畑に。。。。

車社会にあえて車線を減らしても大都会に人が集う場を演出。








レセプションにて。記念写真


スピーチ



北日本新聞・富山新聞の記事を紹介します。



オリンピック&パラリンピックの開催地は?

2009年10月02日
久しぶりに家に帰り夕食をとった。
ニュースでオリンピック&パラリンピックの開催候補地のプレゼンを観た。東京のサプライズは15歳の体操選手。堂々とした英語ですばらしい。
鳩山総理、石原知事も。。。

シカゴはオバマ大統領夫妻。どうなるのか?

報道の情報だけではなかなか東京は有望らしいが。
世界の報道はいかに。

環境にやさしい。オリンピック&パラリンピック。

どうなることか?

帰国からモード切り替え

2009年10月02日
初めての今回のプロモーション。観光都市南砺市として韓国からの誘客だけでなく、中国、台湾等からも。
富山市、飛騨市、南砺市の連携での今回のプロモーションは韓国でも珍しいらしい。
日本自治体国際化協会や大使館、エージェンと皆さんからは大好評。
効果については即効性よりはじっくりと構えた方が良い。
宿泊費や滞在費を安く設定するのではなく。飛越の良さをしっかりと理解して頂いて。魅力を理解して頂いて商品化して頂きたいもの。

ロッテ観光も10月に2機のチャーターを富山に飛ばすと約束して頂いた。

早速来年に向けてさらにプロモーション計画を立てるとともに、国外からの誘客計画をしっかり立てなくてはならない。
もちろん受け入れ側の様々な整備も。また、今回現地で合った方々と今後も連続的に情報交換をしながら、しっかり進める事によって必ずや効果は見えてくる。

富山、飛騨、南砺の連携を強く、更に魅力を磨きこんでPRしていくべき。ただ参加しているだけでは効果どころか、意味が無い。今回私自身参加し、実際に見聞きし、韓国側の関係者にお会いし、富山市長や飛騨市さんともお話をさせて頂いた、さらに効果的なプロモーションを計画していきたい。

帰国後早速南砺市戦没者追悼式に出席。64年という歴史の中で。今の幸せな生活は大戦において多くの御霊の犠牲の上に立っている事を、犠牲者の想いを、遺族の苦しみを後世にしっかり伝えていかなくてはならない。と改めて誓った。

夜は今年初の事業。地域医療マイスター講座で挨拶。54名の受講者。報道も多く。
今後の南砺市の医療福祉の状況を関係者はもちろん市民の皆さんにも理解して頂き、進めるべき方向をしっかり。様々な状況を勉強して頂き、更に広く市民の皆さんに伝えたい。

南砺の農業にご褒美。

2009年10月03日
春の褒章において「サカタニ農産 奥村社長」が黄綬褒章を受賞され、本日祝賀会に出席させて頂きました。

平成2年から先代酒谷社長の後を継がれ社長に就任。
以降も福野から全国に新しい仕組みの農業を発信され現在に至っておられます。プロの農業者としてすばらしい功績を残されて、今回の受賞は日本の農業の代表と認められたものです。

若い農業経営者の育成や研修生の受け入れ。新規事業への積極的な展開。
地域農業のみならず 県、国においても多くの役職を同時にお引き受けされておられます。
褒章は通過点。今後更なるご活躍をご期待し、心よりお祝いを申し上げます。

祝賀会場で「28年ぶり」の再会を。
高校時代の友人に。やはり八尾のプロ農業者となっておられ。
懐かしい話も聞くことができ今日はいろいろな方との出会いの日。

墨戯彩花

2009年10月03日
本日より福光美術館において開催されます
片岡鶴太郎展 墨戯彩花
片岡さんのブログに市長も登場しています。
オープニングセレモニーに行って来ました。



凄い来場者に人気の高さを。
そして鶴太郎さんのすばらしいお人柄。
すばらしい作品に感激でした。



サイン&トークも。
画集を購入し「鶴」のサインも頂きました。


渥美 清氏の棟方志功の演技を観て役者を志した。 
そして20年前に棟方志功を演じたことがきっかけに。
15年前から絵を。

繊細なすばらしい作品ばかりです。
年間100作。役者業と芸術家。

昼食をラモベールにてご一緒させて頂きました。
すばらしい方でした。


もう一度 すばらしい作品ばかりでした。

皆様 必見ですぞ。

リオデジャネイロ!

2009年10月03日
 日本人の異常(?)な期待の中でのオリンピック&パラリンピックは東京落選。ブラジル リオデジャネイロに決定。初の南米での開催となった。

 東京での未来型、環境配慮の大会として期待されたが。。。。
リオのカーニバルのように熱く燃える大会になるだろう。たのしみ。


市内 秋の行事盛りだくさん。今日の半日記。

2009年10月04日
朝6時目覚め。おかゆを食べる。
韓国のキムチと一緒に(最近癖になってしまって。。。)

8時半出発。 良ー天気。
福野体育館での東海北陸インディアカ大会開会式。 歓迎の挨拶。
来年開催の全国スポレク祭2010富山南砺大会のリハーサル大会である。370人の選手が参加でした。
体育館外では物産(日の出屋 ふくの里 里芋鍋など)

終了後じょうはな座へ。
第二回南砺市公民館祭り開会式へ

地元 利賀地域運動会。

引き返して 五箇山和紙祭り。昼食。焼きそば ラーメン。豆腐田楽他
悠久紙展を見学。お土産和紙 トチ餅 焼き鳥 等。

山田地域レクリェーション大会開会式で挨拶。田中寿美子さん(健康ウオーキング指導士 100kmマラソンランナー:偶然本日のK紙に載っていた。)のウオーキングの講習を受け。
以前からお知り合いでした。再会にびっくり。今日新聞見たばかりで。本当に偶然でした。

福光民謡協会の民謡の祭典にてご挨拶をさせて頂きました。



無念!中川前衆議院議員の急死

2009年10月04日
昼前秘書係長から聞いた訃報。
あの中川昭一前衆議院議員の急死。
祖父の故郷が福光。毎年墓前にお参りに来ていらっしゃっておられました。
私も中川昭一・義雄参議の福光後援会会員です。
今年の5月17日に墓参りと福光後援会総会を訪れておられます。
私も送迎と墓参り。光徳寺。昼食会などご一緒させて頂いたばかりなのに。

今回の衆議院議員選挙にて落選。

私は市議会議員となり初めてお会いしたときに(確か農水大臣)大きなオーラを感じました。首相候補としての中川氏にすばらしい力を頂いておりました。心から信頼申し上げ。今回も是非当選してほしかった。

ローマG8でのもうろう会見から報道のバッシングを受けられ、精神的につらい時期があったかと思う。しかしながら福光でも選挙に向けて頑張るとの事だったが。。。。。
残念でならない。

近いうちに福光後援会も上京して、もしくは北海道にてお会いする予定だったとか。

謹んで哀悼の意を表します。

朝刊追想に古川氏

2009年10月04日
朝刊を読んでいると力作夜桜の前にやさしい顔で座る古川氏の写真が目に飛び込んで来た。

本当にお世話になりっぱなしだった。
ネパール ジョムソンで。
宿のこたつの上のぶら下がる紙のシェードに狐の行列が描かれてあった。
昭和64年(平成元年)に当時利賀村の一行とともにネパールツクチェ村を訪問したときに同行され、悪天候で飛行機が飛ばない待機の宿で描かれたものだった。

ツクチェ村では小学生に「いち に さん。。。。。 がんばって!がんばって!日本」などと日本語教え。

後日訪問した私たちは驚かされたものだ。

1月の発の交流団として参加され。私は8月の訪問だった。

古川さん。その後も様々なところでお世話になった。

そして平成19年。「上畠アート」ですべてにおいてお世話になった。
腰が痛いと言われながらも看板やら準備を進めて頂きました。
エコバックもたくさん描いてもらった。
もしかしたらその頃から病魔に襲われていたのかもしれないなあ。

今も様々なところで古川作品に出会うことがある。
うれしくなる。
また、
上畠のある家には今も「ありがとう ありがとう」と古川さんが書いた書が道路へ向けて貼ってある。

今も私たちの心の中にしっかりと生きておられるのだ。
新聞記事を紹介します。

MR.ギター

2009年10月04日
昨日は片岡鶴太郎氏との出会い。
そして午後はあのギターの神様 寺内タケシ氏と。

いろいろあってコンサート前に初対面でした。
熱き名ギタリスト。体育会系で。すばらしい方でした。

エレキという楽器を自在に奏で。文化にしてしまう。
48年間の情熱が今なお進化しているかの様に。

エレキ禁止の時代から教育機関を廻り音楽による芸術鑑賞等の事業を行い。日本の音楽シーンを創り、育成して来た男だけがわかる哲学をも垣間みる事ができました。

話題の井波彫刻ギターも弾いてくださいました。

「アメリカ発の方がこれはいいよ。」
「サンタナやジェフベックに紹介しようか?」と。

あのジェフベックは寺内さんの大ファンなのだそうだ。

2時間半を超えるコンサート。場内の熱気も最高潮。
若き日の青春を思い出した方。初恋の匂いを思い出した方。


南砺が若返ったコンサートでした。
寺内さん 本当にありがとうございました。

感謝の集いと地談

2009年10月05日
朝普通通りに起床。
普通通りに朝食。
朝は普通が良い。
コーヒーを飲んで。。。普通に。

午前中はいろいろな方々が市長室を訪れ面談。
そして打合せ。定例記者会見。対話集会。

午後は藤橋建設促進期成同盟会総会。橋が完成のため今回で解散。
そして高岡へ。綿貫前代議士の感謝の集い。

先生は選挙後大変すっきりした感じに見える。良かった。
今後も様々なご指導をお願いした。

そして夜。今日から31自治振興会単位での対話集会が始まる。

喫緊の市政、国政について
協働のまちづくりについて
地域分権制度について
昨年の地談での質問事項。

そして意見交換。

今年初で時間配分が難しかった。

民主党マニフェスト財源は?

2009年10月06日
補正予算から2兆5千億を凍結し、民主党マニフェスト事業に充てるために各省からの凍結事業を挙げさせたらしい。
詳しくはわからないが。
本当に必要かどうか詳しくチェックされているのだろうか?
市町村事業にまで影響がでるのだろうか?

私たちは予算を議会で議決し執行している。それが急に凍結となれば。。

市町村は市民(国民)に一番近い。
議会を通じて市民と約束した事業まで凍結の無いように望む。

今日は朝から合掌の里で取材でした。
金沢中心のフリーマガジンの取材。

合掌家屋の中 囲炉裏の部屋で。





雰囲気は伝わっただろうか?

ふー。台風。

2009年10月08日
台風18号。早朝の強風はすごかった。
地内一部で倒木や停電などがあったらしいが。
大きな災害は報告されていない。
しかしながら柿等収穫を目前にした農作物が心配だが。

途中大雨警報が発令となったが台風は去ったようだ。

カッパとヘルメットも持参したが使わず。

今日は井波・福野地域の金婚を祝う会に。
記念写真を撮ってお祝い会に。

仲睦まじい。50年を協力して暮らして来られたご夫婦はすてきだ。
50年と言えば今上天皇、皇后陛下も金婚式。
戦後から高度経済成長時代へスタートの時代。
東京オリンピックも決まり全国が盛り上がって来た時代。
しかしながらいろいろ大変な時代でもあったろう。

皆さんおめでとうございました。

ところで、金婚式。行政での開催は今年で最後。
2年ほど前から決まっていたようだが、いざ無くなるとなるといろいろ。

お幸せなお二人のお祝いをする事は大変すばらしい事。
必要な事。しかしながら行政が行うとなるといろいろ意見がある。

ご夫婦の誰か一人が先立たれてご苦労をされている方もたくさんいらっしゃる。

行財政改革と言う物でもない。

私もできれば夫婦二人で50年連れ添いたい。
念願が叶えば子供達にお祝いしてもらいたいなあ。

時代は変わったので70年を目指したい。何婚って言うのだろうか?

台風18号接近!

2009年10月08日
台風18号が本州上陸。列島を北上中。
強い台風です。
できる準備。防護願います。

今日午前中に富山県に最接近。
市内の小中高校は休校。

気象庁のサイトでチェック願います。

椿の魅力

2009年10月09日
市長室の井口椿館から椿をお借りしました。
昨日片岡鶴太郎氏が絵を描き始めたきっかけが椿だった。
椿は最高にきれいなうちに散る花。
散った花はきれいな姿で表向きに落ちるんです。

と聞いた。

その通りだ。

という事で今日市長室にお借りした椿。
紹介します。



南砺市井口は椿の村。
是非全国に紹介したい。



今日、城端けんしん会で講演させて頂きました。
皆さんご清聴ありがとうございました。

なんと楽しメール メルマガ発刊

2009年10月09日
メルマガ「南砺楽しメール」の発刊が始まります。
今のところ月二回の発刊予定。
もちろん南砺市の楽しい話題、歳時記等様々な話題をお送りいたします。

その中で市長コラム「緑の里だより」も私自身が書きます。

市民の皆さんはもちろん。全国。いや地球上の皆さん。
是非登録願います。

登録はこちら。。。

動画配信もしています。逐次アップしますので。
乞うご期待 こちらをクリック


それにしても朝は寒くなりましたね。
福野中学校でインフルエンザの集団感染で学級閉鎖のニュースが。
皆さん「うがい」と「手洗い」です。

おはよーございます。。。

2009年10月10日
今 朝の4時。
3時半に起きました。

今から中国へ向けて出かけて来ます。

昨日は昼に国土交通大臣の記者会見で国内48カ所の直轄ダムにおいて今後新しい段階にははいらないとのことで。
利賀ダムについての取材で報道各社が集まり、共同記者会見を開きました。

利賀ダムについては今年度補正予算は無く、さらに現在生活再建工事という段階で今年の分はすべて発注済。凍結される部分はありません。

しかしながら全国のダム事業について今後の動向は大変気になります。
12月の来年度予算時までに要望をしなくては。。。

今日から紹興市へ行ってきます。

研修生を受け入れて15年

2009年10月11日
ニーハオ!
おはようございます。
今中国は朝の8時。
日本との時差1時間(日本は9時)
お粥の朝食を終えたところです。
中国の経済発展を目の当たりにしています。
紹興市内にも多くの建設中のビルが見えます。
人口400万人(自信ない)の街の活気が何かすごく感じます。
初めての紹興市訪問でしたが、昨日は南砺市商工会(旧福光)の中国研修生受け入れ15周年記念式典と日中友好協会の訪問と合わせて訪れました。

昨日は朝4時半に福光を出て、セントレアから上海に、そしてバスで紹興市まで3時間半くらいでしょうか。5時ころ到着しました。

商工会関係者17名。
紹興市国際交流服務中心有限公司の皆さんにお世話になっております。
昨夜の夕食には
中国人民政治協商会議紹興市委員会副主席 王 玉書氏をはじめ紹興市外事弁公室からもおいでいただきれレセプションを開催していただきました。

今日はこのあと9時より15周年記念式典に出席します。

研修生の中には日本で学び中国で大成功をおさめている人もいます。

では。。。体調は万全です。
昨夜の全身マッサージで背中には大きな痣が。。。

商工会研修事業15周年記念セレモニー

2009年10月11日
午前中はホテルで紹興市と南砺市商工会研修事業15周年記念式典に出席。中国らしいすばらしい会場での式典には研修生もたくさん集まって来て頂きました。
バックの看板?が凄いでしょう。


紹興市商工業連合会 主席 王 玉書先生にご同席を頂き、紹興市国際交流センターの主催で開催されました。

先ずは紹興市交際交流センター 社長 邵(しょう)さん
南砺市商工会長 西村会長

紹興市商工業連合会 主席 王 玉書先生 
南砺市長 田中の祝辞

記念品の交換 ペナント贈呈等と続きました。
記念写真後交流昼食会。福光で研修した研修生と企業の方々の楽しそうな、懐かしい語らいがいい雰囲気でした。

午後は紹興市交際交流センターを見学。


さらに中越鉄工で研修した秦(しん)さんの紹興三雄鉄鋼へ視察。
中国は近年鉄鋼の仕事は急激に増えております。

夕方は先ず7時より商工会の夕食会。
そして7時半に同じホテルに第4次南砺市日中友好協会一行が到着。
夕食会に出席。ダブルヘッダーでカンペイ。


紹興市長さんとの会見。懇親

2009年10月12日
朝杭州へ 浙江省人民対外友好協会へ。
理事長と面談。中国と日本との関係についていろいろお話を伺いました。



紹興市に戻り、南砺市の企業旭工業昼食会にご招待頂きました。
15年前に友好関係から進出。現在も紹興市にとって重要な企業です。

午後は紹興市内見学。欄亭 黄酒博物館等。

そしてメインイベントのひとつ。
紹興市長との面談。





交流会館での面談でした。
市長は教育者だそうで、詩人でもあるそうです。
芸術のまちを創りたいと。

挨拶のあと来年7月に紹興市2500年式典を開催するとのこと。
世界からコーラスを集める。是非南砺市からもと要請を受けた。

2500年ですよ。中国ですよね!

夜は市長の晩餐会。体中が紹興酒。血液が紹興酒になったようです。
8時頃爆睡。明日は帰国です。

帰りました。

2009年10月13日
無事帰国しました。
今回もなかなかハードスケジュール。
10日夕方紹興市着。
紹興市国産交流センター夕食会
11日
研修事業15周年記念式典。企業訪問。
夜 南砺市日中友好協会訪問団と合流。
12日
杭州へ 浙江省人民対外友好協会 表敬訪問
紹興市 旭工業昼食会
市内視察
紹興市長 面談
紹興市夕食会に
13日
帰国

慌ただしい出張中になんとも残念なニュースが入った。
先ずは近所の大切な後輩の奥さんが亡くなった。
お盆頃から体調を崩し大病と闘っていると聞いていたのに。
子供もまだ小中学生。38歳の若さで。


そして、利賀の緑の一里塚の管理をお願いしたときからお世話になった方。
長く体調を崩し入院療養中だった。

そして帰国の日の昼には。商工会の福野支所の局長が急死されたとか。

帰国後利賀の方々の所へお参りして来ました。
涙しました。

謹んで哀悼の意を表します。

健康が一番。改めて感じています。
しかしながら私は少し増量した感じ。気を引きしめて。

明日から北信越市長会出席のため佐渡へ行きます。



佐渡はいい天気 北信越市長会

2009年10月15日
すばらしい青空、青い海。
部屋から見える水平線は最高です。
今日から北信越市長会の為に佐渡に来ています。

昨日平中学校改築工事起工式。
平・上平・利賀地域金婚を祝う会に出席後佐渡まで
移動しました。

佐渡へは直江津からフェリーで2時間40分で小木港着。
それから50分バスに揺られ宿舎に入りました。

新潟は「大和」撤退の問題がかなり大きく報道されています。
私も大変な問題だと思います。

更に今回は北陸新幹線や新政権での市長会としての対応なども
注目されますし。

現在北信越市長会長は我らが森富山市長。
そして全国市長会長は北信越選出の森上越市長。

森全国市長会長は市長会に政策推進委員会を設置積極的に
スピーディーに新政権に様々な提言をされている。さらに
その一部始終をファックスで我々にも報告して頂いている。
絶大な信頼の会長さんである。

トキとともに環境の島へ

2009年10月15日
北信越市長会総会では会長である森富山市長が先ず挨拶。
そして開催地の知事は通常は出席されるのだが今回期待の
泉田新潟知事は欠席。代理に副知事の出席であった。
新幹線問題でいろいろあったのでその辺のおはなしをと期待してい
たのだが。。

長野、新潟、富山、石川、福井一丸となって取り組んできた
北陸新幹線。新潟知事の最近の動向は納得できない部分が。

森全国市長会会長の挨拶では新政権とのやり取りをお聞きする事
ができた。

先ずは民主党マニフェストにある基礎自治体重視を貫いてほしい。
法律で認められる国と地方の協議の場早期実現。
子供手当、公立学校無料化等を自治体を事業主体としない事。
補正予算凍結において地方自治体への影響の無いように。
等の要請をしている。民主党大臣、副大臣、政務官は地方の声
を大変重要視しているようだ。さらに政治主導ということで
大変勉強しているようだ。地方の声に政治家が耳を傾ける姿勢は
今のところ良いとのこと。今後も期待していきたい。

総会、分科会を終え視察で朱鷺(トキ)を見に。
昨年放鳥したトキは黒部に1羽住んでいる事は有名。
今年の放鳥されたトキが田んぼにいる5羽を発見。市職員も私たちの為に情報収集して頂き、最も野生に近いトキを見ることができた。

トキの住む佐渡にするために環境問題にしっかり取り組んでおられる姿がすばらしく思えた。
島民挙げての取り組みにまでなるには大変な問題も時間もかかったと思うが。農地も農薬や除草剤を使わない。自然農法に近いものに。
さらに放棄地にビオトープを。
できるだけ昔トキが住んでいた時代に環境を戻す取り組みである。
今回の市長会にも至る所に環境にやさしい取り組みがなされていた。



元ネパール大使マテマ氏との再会

2009年10月16日
佐渡島から富山のホテルへ。
国際砂防フォーラム懇親会に。
本当に久しぶりに元在日ネパール大使ケダル・バクタ・マテマ氏に再会した。大使時代に何度も利賀に来て頂き、交流事業を盛り上げてい頂きました。ネパールを訪問した時も(3年前)家にお邪魔しました。
今回国際砂防フォーラムで富山に来て頂きお会いする事ができました。
明日は五箇山 利賀を訪ねて頂きますが、残念ながら私は同行できません。残念。

北信越市長会閉会

2009年10月16日
北陸新幹線については日本海国土軸の形成や国土の均衡ある発展に不可欠の国家プロジェクトであり、北信越の飛躍的な発展を図るうえで大変重要である。
現在長野・白山総合車両基地間が平成26年度末にフル規格による完成を目指して建設が進められている。さらに白山総合車両基地・福井間及び敦賀駅部についても早期認可を。

総会では各県市長会から提出されていた要望について議決を行った。
北信越の要望として全国市長会に上げられ、さらに政府に対して要望となる。

ところで、佐渡での市長会は
会議内容は政権交代後初の総会という事で活発な意見が出された。さらに北陸新幹線についても新潟知事の意見等からさらに一体感を持って早期完成に向けての議決がなされた。
ある意味歴史に残る総会ではなかったか。

さらに佐渡の環境への取り組みに感激した。
トキの住む島という象徴的な取り組みの中で多くの島民の環境への取り組みが広がっている。コンビニでのレジ袋有料化から農業の低農薬など。
さらに今回天気に恵まれきれいな海と空、山々、刈り取りの終わった田で餌をついばむ朱鷺を見れたことは私にとって大きかった。

子育てタウンミーティング開催

2009年10月17日
初めての子育てタウンミーティングを開催しました。市PTA連絡協議会の皆さん(父兄、先生方)。教育委員委員会の皆さんにお世話を頂きました。
 テーマ 市民皆で育てる「南砺の教育」
     〜家庭 学校 地域が連携した教育環境づくり〜
    ふるさと教育 南砺ならではの教育の推進
    教育環境の充実
ハード、ソフト両面の教育環境整備や、安心して子育てできる環境づくり、さらに様々な問題点を解決しながら子育てしやすい地域を是非創りたいと思っています。
 その為には行政ばかりで考えても成果は上がりません。是非こういった対話集会にて実際の意見交換の中からさらに時代に適した具体の施策を考えたい。


 
 そして私もPTA役員時代から納得しておりました。県Pのモットー「子供は家庭で育て、学校で磨き、地域で鍛える」まさにその具体を考える会議にしたい。
 少子化、多様化するニーズ、それぞれの人生観の中で家庭と学校と地域そして行政がどう連携して子育てを進めていく事ができるのか。又、どのような問題点が有り、どのように対応、解決をしていくべきか。その事を一緒に考える、具体の行動を起こしていく関係づくり、仕組みづくりをしていかなければならない。
 子供を生み育てやすいまち。子育てに熱心な地域づくり。未来への投資をしっかり行う。そういったまちをどう創るか。
 他のどこよりも熱心なまち。知徳体のバランスのとれた教育。心のきれいな強い子供達をどう育むか?

午後からは富山駅前CICビル4階に開所した「日本福祉大学 北信越ブロックオフィス 富山オフィス」のセレモニーで挨拶をさせて頂きました。


日本福祉大学とは平地域と交流のある半田市に校舎があることから友好自治体関係を締結しています。現在も市内の高校から推薦枠もあり、現在も数名の学生がいます。
市としても大切な関係をさらに深めるためにも富山オフィスの役割に大きく期待するものです。

郷土を想う 近畿富山県人会に。

2009年10月18日
朝列車サンダーバードで大阪へ。
11時からの「近畿富山県人会」に出席。


知事、県議会議長、高岡、滑川、小矢部市長と他副市町長さんの出席のもと1、000人位来ていらっしゃったのだろうか?(抽選会の番号は1200番位まで、、、)
たくさんの出身者の出席のもと盛大に開催されました。

福野、福光、平、利賀他南砺市出身者の方々にお会いしました。


避難勧告は大変な事。

2009年10月19日
橘代議士が利賀ダム現場へという事で私も同行いたしました。
さすが前高岡市長。平成16年10月21日の観測史上最大の洪水発生時旧高岡市925世帯 1300人の避難勧告を出した当時の話に。
無我夢中で目の前が真っ暗になるくらい。
大変な事。二度と経験したくない。とのこと。

利賀ダムありきの庄川水系河川整備計画。下流部の整備たかなりのコストとなる。
さらに洪水調節はもちろん工業用水の確保。流水の正常な機能の維持など目的があるが。特に工業用水については既に企業が利用している。

さらに渇水時の正常な流水もきれいな庄川にはとても大切。

ずるずる長くなる公共事業ではいけない。しっかり集中投資が必要。

午後は砺波保健センター運営協議会
建設部調整会議
教育委員会調整会議

夜は高瀬西での「地域づくり談義」いろいろな議論ができました。

ところで17日に5名の市議による公開討論会で盛り上がったという話をお聞きした。初めての試みでは無いだろうか。すごい。議員の皆さんも頑張っている。私も頑張らなくては。皆ですばらしい南砺市を創ろう。
二回目も開催が決まったようだ。

[全国過疎地域自立促進連盟」の次期対策会議に出席。

2009年10月20日
朝の便で上京。
「全国過疎地域自立促進連盟」の次期対策会議に出席。
11月4日に全国大会が開催され、ポスト過疎法の制定に向けて最大の大会になる。
現過疎法は今年度末(22年3月)に期限が来る。来年度予算編成を考えると12月中には制定させたいというもの。
議員立法で今まで与野党合意(自民党案)で進めてられてきていたが、政権交代により過疎法は制定手順が未定となったようで、その事が大変重要となる。
総選挙前には自民党案が提示されていたものの。
決議文内容については更に協議、修正され望む物となっているが。今回の総選挙で新しい国会議員の皆さんに理解を頂く事が大変重要。今日の会議でも各県代表から自らの県選出の先生に説明と大会への出席を強くお願いして頂くように提案があった。
今日の会議には会長 長野県知事 そして総務省過疎地域対策室長の出席があったが情報としてし政府三役(総務大臣 副大臣 政務官)の情報はなかな流れて来ない様子だ。
会議終了後県選出国会議員の部屋を訪れ挨拶をして参りました。

馳先生、有村先生、下地先生も元気に対応して頂きました。
有村先生は3週間後におめでただそうで大きなおなかで政務中。母は強し。馳先生とは飲み会の約束を(福光で)国民新党下地先生は同い年、名前が一緒(ミキオ)とこれからのことも様々お願いして参りました。
下地先生のブログに紹介されています。


東海富山県人会に。

2009年10月21日
午前中いろいろ廻って新幹線で名古屋へ。
名古屋駅周辺を散策し夕方「東海富山県人会総会」に出席。
富山県商工労働部次長、愛知県副知事、砺波、小矢部市長、入善町長。高岡副市長、射水市長公室長が出席。
東海北陸自動車道路全通により観光、流通の交流が更に広がります。
多くの方々と情報交換でしました。


アトラクションではあの「林道美由紀コンサート」なかなか好評で。
次に繋がればと願うばかりでした。しっかり南砺の歌「緑の里から」も歌って頂き大好評。OK。でした。

田中幹夫 市政報告会 開催のご案内

2009年10月22日
 早いもので市長の重責をお任せ頂いてから、まもなく一年が経ようとしておりますが、これまでの市政に対する取組みや経緯を交えた報告会を開催する運びとなりました。今回は、特別ゲストとして富山市長 森 雅志 氏をお迎えし、ご講演頂く予定としております。皆様には、公私共にお忙しい折とは存じますが、ご来場賜りますようご案内申し上げます。

日  時:平成21年11月7日(土)午後6時半より
場  所:南砺市城端伝統芸能会館 じょうはな座
特別講演:富山市長 森 雅志 氏
     演  題 「地球環境問題について」

のどが痛い!

2009年10月23日
南砺市公立医療機関に新型インフルエンザワクチンが配布された。
実質医療従事者数の何パーセントになるのか、少なすぎる。そんな感じ。
病院としては全員分が無い限り優先順位を内部で決めるしかないが、大変なことだ。さらに季節性インフルのワクチンも今年は昨年の8割しかない。どうなるのか。

そう言っている間に急激にA型インフルエンザ感染が広がっている。(新型)

先ずは「自分の体は自分で守る」うがい、手洗いから。

2日ほど前から私ののどの痛みが。朝晩の温度変化による風邪なのか。

縁あって

2009年10月24日
昼は仲間の結婚披露宴に。
両者には合併以来いろいろお世話になっている。
新郎のお父さんにも。新婦のお母さんにも。縁が深い。

縁あってすばらしいお二人の門出の場へ。
縁あってスピーチさせて頂き。
縁あっていろいろな出席の方々とお会いすることができました。
縁あってすばらしい植え花で飾られた会場に感激しました。
披露宴終了後に土付きの花は持ち帰って頂き植えてさらに楽しめます。
エコ ウエディング。
その他様々な二人の企画が盛り込まれ、本当に良い結婚披露宴でした。
すばらしい二人に送った私の言葉。

詩を詠みました。


「良縁に 恵まれ集う 桜池 
         に立つは 元に根を張る」



そして松下幸之助の言葉を贈ります。

「縁あって」
おたがいに、縁あってこの世に生まれてきた。
そして縁あっていろいろの人とつながりを持っている。
縁あってーーなんだか古めかしい言葉のようだけれど、そこにはまた一つの深い味わいがひそんでいるように思える。
人と人とのつながりというものは、とかく人間の個人的な意志でできたと思いやすいもので、だからまたこのつながりは、自分一人の考えで、いつでも断てるかのように無造作に考えやすい。
だが本当はそうでない。人と人とのつながりには、実は人間のいわゆる個人的な意志や希望を超えた、一つの深い縁の力が働いているのである。男女の縁もまた同じ。
そうとすれば、お互いにこの世における人と人とのつながりを、もう少し大事にしてみたい。もう少しありがたく考えたい。
不平や不満で心を暗くする前に、縁あったことを謙虚に喜びあい、その喜びの心で、誠意と熱意をもって、お互いのつながりをさらに強めていきたい。
そこから、暗黒をも光明に変えるぐらいの、力強い働きが生まれてくるであろう。

町は大きなホスピタル

2009年10月24日
 朝一番は井波の社会福祉法人マーシ園創立50周年記念式典。
昭和34年(現今上天皇ご成婚の年)に身体障害者授産施設施設を井波地域の関係者の皆さんが熱い情熱を持って開設されました。
依頼50年。通所制度の導入。食堂、厨房の新築、作業所の拡充、砺波地域福祉圏域をエリアとする地域生活支援事業の開始、身体障害者療護施設の楷書等着実に施設整備を進められてきました。多くの皆様のご苦労に心から敬意と感謝申し上げたい。



 橘代議士もご出席でした。挨拶後すぐに退席させて頂き、井波文化センターで開催されます第38回富山県国保地域医療学会に出席。
開会式での祝辞と基調講演をお聞きさせて頂きました。

基調講演では鳥取県日南町健康福祉センター長の高見 透先生のお話「町は大きなホスピタル」今後の高齢化社会を迎えて戦後日本の総力戦による復興と同じような総力戦が必要となる。総力戦のできるコミュニティー造りが大切。

新しい地域医療とは?地域力を高める。
コミュニティー医療とは?

住民と関係者(医療・福祉・保健従事者)行政トップがしっかり理解し一緒の目的を持って進めなくては行けない。

過疎から始まった新しい地域医療は生活自立障害を持つ方を地域支えるという事。
そのことができる地域の力を先ず向上させる事。だから行政トップも働かなくては行けない。

町は大きなホスピタル。
道は廊下。
家は病室。

このような地域医療は現在は過疎地の事、しかしながら次は小中都市、最後は大都市へと高齢化社会の到来と同時に移っていく。大切な仕組み。高度先進医療だという事を理解すべき。

いろいろなお話を実践談をお聞かせ頂きました。南砺の進むべき方向性、私の役割がしっかり見えてきました。

今日の最後 さらに縁あって

2009年10月24日
午後利賀で開催中のどーんと利賀の山祭りに。
一年ぶりに石かち行事の音頭歌を歌いました。




そして今日は4回目の母村利賀ネットワーク総会。
そこで基調講演を。50分。


母村ネットワークは平成12年にスタート。ちょうどその時私が担当していました。全国各地の出身会のネットワークで北海道から関西まで集まりました。懐かしい話、これからの話。そのような出身者と利賀ファンクラブが3年に一度集う。今年で4回目。

お互いが応援団。お互いがすばらしい関係で。

晩餐会では郷土の伝統講料理がたくさん。懐かしい顔と話と料理を肴においしいお酒を頂きました。
今後のすばらしい交流に大きな期待を寄せて。

明日は東京での福光出身会に出かけます。



「錦秋に 集う村人 石をかつ 
          つなうら呼べば 郷土に錦」

関東福光同郷会に

2009年10月25日
朝上京。
芝パークホテルで開催された関東福光同郷会に出席させて頂きました。
あの総務省Y氏や国土交通省N氏が抽選会や司会をするという同郷会ならではの雰囲気。
多くの方々とお会いし楽しい、懐かしい時間を過ごすことができました。
南砺の物産販売も最後すべて売れたようで心より感謝です。

総会のあと
吉江会長の挨拶のあと田中、富山県人会副会長、そして片岸議員の乾杯で懇親会が始まりました。

抽選会、そして全員で「ふるさと」を合掌しました。
和気あいあいのすてきな同郷会でした。

合掌街道で連携だ!

2009年10月26日
今日は先ず南砺市商工会会員交流会
第一部 セレモニー 優良従業員表彰等
第二部 基調講演 石澤全国商工会連合会会長
第三部 交流パーティー 

私は交流パーティーの参加。百数十人の方々に集まってのパーティーでした。

その後は合掌街道実行委員会の方の段取りで
富山県 高山市 白川村 の部長さん、担当の方々と情報交換会。
やっぱり連携は大切です。

観てください。花時計。

2009年10月27日
福寿園にすばらしい絵をご寄付頂きました。
福野の同級生の「杜の会」の皆さんからです。
絵は 岡田繁憲氏の「花時計」。
岡田さんとご一緒に撮りました。

 

山口義行氏講演

2009年10月27日
久しぶりにとなみ政経懇話会の講演を拝聴して参りました。
テレビコメンテーター等で有名な立教大学 山口義行先生でした。
先生は経済学者。
昨年からの世界大不況について。そして今後についての話です。

スモールサンも紹介しておきます。

更に現在不況感は増している。今までの不況と質が違う。景気は回復するというより構造は変わった。アメリカ経済が引っ張れない状況。さらにデフレが進むだろう。アメリカのサブプライムローンが日本の地方に大きな影響を与えるとは誰も予想していなかった。
しかし現実2007年8月に日本の都会の地価は下がり始めている。
経営者は常に世界を見ていなくてはならない。

これからはさらに商業用不動産ローン「CMBS」が心配。さらにアメリカから大きな衝撃が走る。

しかしながらこんな時代だからこそ経営者は二つのキーワードが重要。

「つなぐ」価値創造
「問う」イノベーション


羽幌との交流

2009年10月28日
シルバー人材センター統合5周年記念式典に出席。
「すみわたる 錦秋の里 我元気
    5年を祝い なお皆元気」

そして今日は北海道羽幌町と平地域との交流30周年という事で町長、議長はじめ議員の皆さん、町民の皆さん25名が南砺市に来ていただきました。

夜は記念式典に。


こきりこの交流も広がっております。
30年の交流にご苦労頂きました地元平の皆さんとの懇談も盛り上がりました。

「我が友が 北の国から 合掌へ 飲んで踊るは 山のこきりこ」

「合掌で 友と語らふ 羽幌かな」

五箇山で保育研究会

2009年10月29日
富山県保育士会の公開保育研究会が平 上平 利賀で開催されました。
南砺市の保育士さんも長く準備をして来られてまして。
特に五箇山での開催は初めて。
新型インフルの心配。天気を心配していました。

インフルも大変猛威を振るっており市内の保育園、小中学校でクラス閉鎖
となっています。

いい天気でした。そして無事終わりました。

挨拶をさせて頂きました。
今日も詠ませて頂きました。

「山の子や 地域の宝で はばたかせ」

今日は朝から凄いスケジュールでした。
途中TST取材も入り。。。。

砺波工業出身の高堀選手がプロ野球ドラフトで楽天の4位指名。
井波地域出身。南砺市からプロ野球選手が生まれました。

激走!健脚!南砺市駅伝

2009年10月31日
合併して初の富山県市町村対抗駅伝大会で南砺市は優勝した記憶は新しい。2年連続優勝だったはずだが。
そして利賀中学校の須河兄妹らがいた時期だった。
南砺市内中学生も中学駅伝で上位に入賞していた。

駅伝は一人早くてもだめ。全員がたすきを繫いで勝利を目指す。劇的な場面もあるし。見るもの。応援する側も楽しみなものだ。

今年南砺市体育協会が初の駅伝競走大会を企画し初の大会となったわけだ。

57チームがエントリー。インフルエンザなどの影響で数チームがキャンセルをしたが。

好天にも恵まれ元気な選手たちが集まった。

小学生の部のスターターをさせていただいた。

作者 : 田中幹夫

南砺市長。 人が好き。南砺が好き。企業・利賀村役場職員を経て南砺市議会議員。そして2008年2代目「南砺市長」当選。53歳 市政・地域おこし・まちづくり・グリーンツーリズム・スキー・そば・ネパールなど様々な話題を提供します。南砺市利賀村で母、妻、長女(看護師)、長男(大3)、次女(大1)家族。

2015 年
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
2014 年
12
2013 年
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。