nanto-e.com archive

田中幹夫のちょっと一息

24年前初めてネパールを旅したときのまったりした時間を思い出す。利賀に住み、自然に向かい、そばを打つ。そんなゆっくりした時間がいい。ネパールでのひとときのように。ちょっと一息入れましょう。人が好き!南砺が好き!利他の心でまちづくり!「吾唯知足」「知足利他」

いよいよ!

2008年04月01日
利賀ふるさと財団辞令交付式から今年度が始動しました。
雪の降る寒い4月。今年市から出向する職員の辞令公布に引き続き新理事長の熱い思いをお聞きし、身のしまる想いでした。

財団は利賀地域をリードすべき。地域住民や市民の元気や地域力を誘発する団体であってほしい。

行政センターでは新センター長と懇談。新しい職員も初雪には困惑したようだ。

議会事務局へ行きこれまた新局長にご挨拶。いよいよ始まりました。

実は29日に親戚の方が亡くなられ夕方から通夜のために八尾へ。
明日は葬儀、初七日に参勤予定です。

各庁舎廻りは後日になります。

今年は更に地域住民、市民が少しでも元気になるような社会を築きたい。

プライベートでは
長女が大学生に!将来に向けての基盤づくりが本格化します。
長男は高校2年生。勉強に部活に頑張ってほしいものです。
次女はいよいよ高校受験の年。悔いの残らないように頑張ってほしい。
私は今年は新たな出発の年。
妻は合併の年。
母は更に元気に地域のために家族のために頑張ってくれます。

家庭と地域の絆を強く健康で元気な明るい家庭を守ります。

葬儀でばったり!

2008年04月02日
 親戚のおじいさんの葬儀に!なんとお通夜でばったりあったのは富山のそば打ちMさん。前に亡くなった奥さんのご兄弟との事。
しらんかったー。Mさんとは5年程前からお知り合いです。お世話になっています。お互い知らんかったー。

 そして葬儀が終わり斎場へ行こうと外へ出るとまたまた以前からのお知り合いが。あれっ。どうしたんですか?
 なんと今度は喪主(親戚のおじいさんの娘)の婿さんの従兄弟とかで。。これまた。偶然。

 こんな事ってあるんですね。前々から関係ないところで知っているけれど。どこかで繋がってる事が。。。

 身の回りのまだまだこんな話しはありますよ。多分!

そんなこんなで初七日を済ませ、夜は砺波地区Pの懇談会に。

平成19年度正副会長と平成20年度予定者らで情報交換をいたしました。最後はいつものとおり遅くまで。お付き合い頂きありがとうございました。我がメンバーから2名がPTAをご卒業されました。

 しかし、遅くのラーメンはうまい。でもメタボが心配だから。今日が最後にと決心。

ささゆり保育園入園式

2008年04月03日
 大きな年長組の子供たちが7人卒園したささゆり保育園に立たった一人ですが入園されました。今日は入園式。

 お父さんは田中の同級生。



 他のお友達はひとつづつクラスも上がり、真新しい名札が気になるようでした。3月よりはしっかり大人に見えた園児の皆さん。元気に育ってほしいものです。



ピッカピッカの一年生!

2008年04月04日
 本日利賀小学校並びに利賀中学校の入学式に出席。
利賀小学校7人。利賀中学校8人の新入生でした。





新しい先生方も赴任され4月なんだなあ。

子供たちのそれぞれ大人びた感じでした。元気に勉強にスポーツに励んでもらいたいものです。おめでとうございました。

夕方から議会歓送迎会で福光へ。小矢部川沿いの桜もつぼみが膨らんでいます。もうすぐ。


県P広報、口山地区振興会、山友会総会、PTA等

2008年04月05日
 朝からいい天気。富山の教育文化会館での県PTA広報紙コンンクールの第一次審査に出席。多くの優秀な広報がエントリーされていました。
 行事やアルバムだけじゃ無く独自のテーマや検討課題について積極的にまとめた特集のすばらしさに富山県のPTAはすごいと感じました。


今後第二次審査を経て決定します。

尚本日は広報委員会の懇親会があったんですが。公務のため失礼しました。

3時半より口山地区振興協議会の総会に出席。多くの要望を頂きました。
旧簡保の宿の問題や、道路整備、目的税である入湯税の透明化などのご意見が出ました。行政センターと相談し更には自治振興会等でも市当局への働きかけが必要です。我々も我々の立場で善処します。

そして続いて山辺県議の後援会総会に。大変申し訳ありませんでしたが。途中で失礼しました。利賀でのPTA歓送迎会に向かいました。
すいませんでした。

一日走り回っていました。そういえばとやまは桜とちんどんで盛り上がっています。

南砺市婦人会連合会総会 中央地区総会

2008年04月06日
 富山では桜が満開。利賀でも雪解けのスピードが増し杉花粉の最盛期です。目がかゆく、くしゃみが。。。いつからこうなったのか?4、5年経ちます。

 なんだかんだで春爛漫。天気もいいし。

 午後じょうはな座での南砺市婦人会連合会総会に出席。
 会場満席の総会。婦人会の皆さんにはエコバッグ、被災者支援、子育て、食育など多くとお取り組みにただただ脱帽です。



 その後中央地区総会に招かれ出席しました。市政報告と質疑がなされました。利賀ダム促進、議員定数問題、過疎、道路、未耐震建造物などのお話が出ました。


 

オリンピックイヤー

2008年04月07日
 4年に一度のスポーツと平和の祭典。オリンピック。
今年が北京五輪の年。『協調の旅』名付けられた聖火リレーが毎日厳戒態勢のもとで行われている。昨日もパリでのリレーは最後バスにより目的地に移動したとか。

 過日勃発したチベット自治区ラサでのチベット人の行動を征圧したことによる人権問題や人種問題が世界に飛び火しているものだ。

 純粋なスポーツ五輪のはずがいつも政治や外交、人種問題に発展する。
そこにはひたむきな選手や選手の家族、関係者の意図とは大きく反するものとなる。

 そんな中近年日本人大リーガーの先駆者野茂英雄が3年ぶりにメジャー復帰を果たしたニュースは私の心を奮い立たせた。同じく39歳の桑田がメジャー断念した事の落胆の分心躍らせるニュースとなった。

 又、37歳世界の伊達が再度コートに立つ。ベテラン、先駆者達が後を追う若手やファンのために、又、若き時から打ち込んで来たスポーツへの感謝の意味を込めての復帰に心打たれるのは私だけではないだろう。

 「ママでも金を」と子育てしながらの世界チャンピオン谷選手の五輪決定も明るいニュースだ。

 スポーツの素晴らしさ、純粋さはかけがえの無いもの。世界中でルールの中でフェアにプレーする選手の美しさ。それを支えるスタッフ。家族のご苦労も垣間見え、さらにスポーツを素晴らしいものにする。日本選手はもちろん世界のアスリートの素晴らしいパフォーマンスで世界を元気に明るくしてほしい。

 北京五輪成功の鍵は中国の更なる情報公開と世界へのアピールだ。
是非成功させてほしい。世界のアスリートのためにも。

 そして頑張れ日本!!

上畠ふるさとサポート隊

2008年04月08日
 午前中城端庁舎に!林政課等を廻り打合せを行いました。
 その後教育委員会。

 午後は平高等学校入学式に出席。
 今年度23人の新入生でした。

 スキー部 郷土芸能部 バレー部は県内はもとより全国的にも有名な小規模校ですが。生徒数の現象が気になります。

 今年白川村からの生徒は1名でした。

 入学式と言えば娘も今日から大学生。2300人を超える入学式。
4月はそれぞれの学校で侵入児童生徒が張り切って通学する姿を見ることができます。新鮮な気持ちになりますよね。

 我が地域のバス停にも朝黄色の通学帽をかぶったクリクリの張り切り一年生の顔が見えました。

 夜は上畠地区寄合に出席。高齢者の多い上畠地区を心配する出身の若者が「上畠ふるさとサポート隊」なるものの結成が承認されましたしました。

 夏の草刈りや豪雪時の除雪作業。その他区長が必要とされる時に率先垂範業務に当たる組織が5月4日の春祭りに立ち上がる事となります。
 限界集落の対策の第一歩です。親を残す長男やお孫さんが集まります。

 上畠アートの実施や、K新聞「夕陽を織る」の記事を観て現在は外で生活をしている出身者が考えた事業です。大変嬉しい事です。
 
隊則「目的」
 本隊は、様々な理由で上畠地区を離れている者が、高齢化著しい上畠地区のために何ができるかを模索し、実行に移す事や、隊員同士の繋がりを大切にし、上畠の文化と伝統を後世に引き継ぐことを目的とする。
 

4月全員協議会 と 政策勉強会

2008年04月09日
 福光庁舎の横を流れる小矢部川堤防沿いは桜の名所です。
今何となく桜の花の香りに誘われていってみると見事。



 今週が見頃でしょうね。

さて、今日は午後新年度発の全員協議会に出席。
総合計画実施計画について(第1回ローリング)
チャレンジデー 5月28日 
専決処分対応案件について 
 課名の変更による条例の一部改正
 南砺市税条例の一部改正 空転中の国会審議の遅れによるもの
 平成19年度一般会計補正予算について
   除雪費 寄付等
 平成20年度職員配置について
 南砺の山々を守る植樹活動 4月29日
 

新年度初の全協で新幹部の皆さんの出席で新たな年度の始まりを感じました。

その後は南砺自民クラブ政策勉強会
倉知医療管理者と富山大学付属病院総合診療部 山城教授による
「南砺家庭・地域医療センターの展望と地域再生プロジェクト構想について」





 先ず富山大学総合診療部では総合医(町医者)の育成を目指している。すなわち専門化して来た医師を地域挙げて総合医療に取り組む地域で医師を育てようということ。
 そのモデル的な地域が南砺市とのこと。大学病院との連携が可能な中間的病院(市民、中央)があり、五箇三村の診療所があり、その間に家庭地域医療センターが誕生した。まさに地域総合医を研修させるにふさわしいとのこと。
 この方向性は今後更に日本で必要とされる分野であり、この事から研修医や総合医を目指す医師の派遣を目指す。

 既に研修医の研修は南砺市で行われており今後さらに看護士、療養師、介護士、行政人、地域住民への研修も行い、地域挙げて総合診療地域を目指す。

 人口の割りに病院が多く、財政的な問題が言われている南砺市において昨今の医師不足問題も含めてこれから進むべき道が見えたように思う。市民のための医療の確保のために地域医療再生への第一歩を歩み始めた。おおいに期待したい。

macbookが。。。

2008年04月10日
 一週間位前から調子が悪くなった我がMACがついに動かなくなった。
病院行きみたい。明日再インストールを挑戦するが。。。

 今日は午前中nanto-eの新コンテンツ「なんとeふるさとミュージアム」のお願いに教育委員会へ。市内小中学校(廃校になった物も含む)の校歌や写真等の情報をまとめるもので、新年度事業の目玉となっている。

 夜は始めて参加の「合掌街道実行委員会」に出席。今回は南砺市側委員のみの会議だったが。白川村と五箇山の連携事業や今後も取り組み、課題等について議論がなされた。

 夜冒頭に書いたようにPCの調子が悪くなり。。ハードディスクか?
立ち上がらなくなった。再インストールも出来ず。ショック。

うれしい新聞記事

2008年04月11日
  K紙朝刊の「記者ノート」に「南砺の”つなぎ”役」という記事が載ってます。井口つばき祭りの新しい魅力の一つ井口産そば粉を使った手打ちそばの販売の話し。井口の方々と利賀そば研究会、富山そば研究会城端道場の協力体制の話題です。
 
 合併以降様々なところでそば打ちをやりました。まさにこの”つなぎ役”のつもりでした。一体感の醸成は行政が行う物ではなく、我々市民自らと思いまして。今後もそば打ちは連携をして更に広くやって行くつもりです。富山県、いや日本中に。。。。。

 嬉しい記事でした。今日も一日元気になりました。記者のIさんありがとう。

 という事で今日は午後県PTA連合会の広報誌コンクール再二次審査会に出席。厳しい、難しい審査を行ってきました。
 砺波地区からは大御所「出町中学校」が最優秀賞に輝き、今年日本PTAのコンクールにノミネートされます。

 県内PTA広報誌のレベルの高さに改めて感激しました。

自民党県連会議と友好交流協会総会

2008年04月12日
 富山の名鉄ホテルでの「自民党富山県連支部長・幹事長・事務局長・支部青年局・部、女性部代表合同会議」に出席。長勢県連会長による「ねじれ国会」からくる国会の空転や後期高齢者医療制度、道路特定財源等の国政報告と、各委員会による平成20年度の活動内容等の説明がなされた。
 党員の増加対策として特に若者層を取り込む「フェロー(仲間)制度」について説明があった。



 続いて午後は山辺県議が会長を努める「南砺市友好交流協会総会」に出席。平成19年度決算、事業報告と平成20年度予算、事業計画について可決されました。

 総会の後国際交流員ミカ・レフォトさんより「フィンランドの生活」について講演頂きました。きれいな北欧の国について大いに興味を持ちました。

 
 

両百瀬振興協議会総会

2008年04月13日
 利賀地域には4つの振興協議会がある。上利賀、口山、中央、両百瀬地区。それぞれ3月から総会が行われているが今日は両百瀬地区振興協議会総会に出席。時間の関係で挨拶は大変短いものでしたが、懇親会はでは多くの方々とお話しさせて頂きました。

 当地区はそば祭りの時に中心的にそば、岩魚、五平餅と丑引き行事の再現を行う振興会です。その慰労会も兼ねての懇親会ですから老若男女集っての宴会でした。

 この総会にて地区の総会は一段落、今後は自治振興会総会、森林組合総会などが続きます。

 又、各地の出身会の総会も始まり、先ず東京で開催される20日の関東利賀会総会に出席予定です。

 田畑に雪は残っていますが、確実に春になっています。

いろいろな方と

2008年04月14日
 午前中県に新たに創設された「富山県観光・地域振興局地域振興課」の方と挨拶やら今後についてお話させて頂きました。県に置かれましては過疎地の活性化対策も含めた地域振興に大いに期待したいと思います。我々としても一緒に情報交換しながら活性化策を進めて行く事が大切です。

 午後は富山市で魚津出身、大阪で活躍中のプロデューサーと今後の事業について打合せ。
今後急速に進む人口減少時代にどう対応するか?
現在の若者(シックスポケット世代)をどう考えるか。
アートによる地域づくりとコーディネーターの必要性。
風景の重要性と地域づくり。
地域の魅力とは。
これからは国内産。さらなる地産地消。
クリエイティブな地域づくり。
等いろいろお話をお聞きしました。人口減少時代に突入し、物価高、後期高齢者医療制度等不安な老後を案じた消費減。10年後考えると更に消費は減る。その中でどのような将来構想を立てるのか?じっくりデーターに基づき研究が必要だが。

 

森林組合通常総会とフランス

2008年04月15日
 13日にクロネコやまと便で送ったMACBOOKが15日にもう届いた。HDの故障とのこと。データーはバックアップできたがアプリケーションなどは没。Adobeのアプリが使えない。。。。
 とにかく無料でスピーディーに治ったことはさすがApple社。あっぱれ!

 今日は昭和18年に設立した利賀村森林組合の第57回通常総会。
今年10月1日をもって県内呉西地区森林組合合併による「富山県西部森林組合」となる予定。ということは最後の通常総会となるのだ。

 黒字計上での合併ということで役員さん、職員の皆さんの様々な経費削減と無駄の排除、改革の賜物と深く感謝と御礼を申し上げたい。

 さて今回の総会は57期の決算のほかに合併に伴う様々な事項についての承認を頂き、一段落というところだ。

 午後は世話になっている東京の岩崎さんとフランス・パリからOECD関係の方2名を利賀にお迎えした。田舎料理と薬膳に興味がある方ということで新生スターフォレスト利賀にて地元お母さんたちにおいしい山菜料理を作っていただいた。


 大好評でした。

 そのフランスの方がなんと気功師ということで早速私もいろいろ看ていただきました。過去の事件やショックなことなどを当てられ不思議な感覚になりました。胆のうが悪くなっている。これは欲求不満か最近いろいろな迷いや悩みがあるのではと言われこれまた少し当たっているだけに驚きでした。気を体の中心にきれいに流していただきました。不思議な体験でした。



 それはそれとしていろいろお話を頂きました。何かを作る、何かを置く場合にもエネルギーの流れを感じるらしく。我々も知らず知らずそのことを感じて入るものの無視してしまうことがあるらしい。しかしそんなことが重要で、これから様々な事業を行う上で自然のエネルギーを意識することを教えられました。

 久しぶりにそばを打って食べていただきました。利賀のそばも好評でした。

そば打ち体験フランス偏

2008年04月16日
 昨日から利賀に来ていただいているフランスのお客さんに今日はそば打ち体験に挑戦していただきました。

 日本人でも難しいところだが、インストラクターがいいのか????
これがなかなかうまいもんで。





立派に日本文化に挑戦し、いいそばが打て満足です。うまく東京で茹でて食べられたかどうか?

 夕方からは自民党利賀支部役員会。4月27日の総会に向けての会議でした。懇親会に出て帰宅は9時過ぎていたか?

7月5日決定!!

2008年04月17日
 念願の東海北陸自動車道の全線開通日が7月5日に決定したと、16日中日本高速道路が発表した。難航の飛騨トンネル(1.7km)と飛騨清見ー白川ICが同日午後3時から利用できるとのこと。全長180km。

 名古屋が近くなります。

 日が決まったからには早速我が南砺市としても誘客に、交流に、企業誘致に、商品マッチングに大プロジェクト、大イベントを企画してほしい。

 積極的に動かなければ、高岡、小矢部、氷見はもちろん白川村等は相当力が入っているのだ。出足が肝心だ。

 南砺市内のスマートインターの計画もある、企業誘致推進、観光施策も含めて大きな議論を進めてほしい。

とにかく近くなる。我が地域でも何ができるか検討しているが、実践しなくては。いよいよ始まる。


自治振興会総会

2008年04月18日
 新年度に入り、雪も溶け(百瀬地区ではまだまだ雪がありますが)、利賀桜前線も庄川から上流に高沼あたりまで来たでしょうか?山桜が新芽の木々の間で鮮やかに咲き誇っています。

 各地での振興会の総会も一段落。仕上げの利賀地域自治振興会総会が開催され出席させていただきました。

 平成19年度行事報告 会長は年約100日の会合に出席されています。大変な役です。地域の細かなところから大イベントまで自治振興会の方々の並々ならぬご努力が伺えます。

 市からの交付金も新しい算出基準となり、更には世帯数の減少から減額となっています。過疎だからこそ地域でがんばらなくてはと思いつつも行政の支援は大切です。

 今年度から始まる「がんばる振興会応援プログラム」についてもかなりがんばっている振興会ですが更に新しい試みを住民挙げて行うことになります。

 様々大変な時代ですが。少なくなる、高齢化が激しい。そんなふるさとを皆で元気にかえていかなくてはなりません。息が上がっている部分もありますが。自治振興会と主にがんばろうと改めて思った日でした。

 明日は上利賀振興会のふるさとマラソン大会です。少しだけ走ります。
メタボ対策にはなりませんが。筋肉痛のない程度に。。。。。。

第28回上利賀ふるさとマラソン

2008年04月19日
 利賀に春を告げる「上利賀ふるさとマラソン大会」地域住民しか出ない大会ですが今年で28回目。午前中の雨も上がりコンディションも抜群です。今回は88名の参加。小、中学生はほぼ全員が参加します。



 田中は3kmに挑戦。タイムは残念ながらわからず。気持ちいい程度に走りました。

 


 昨年度中学駅伝で女子が9位に入るなど小規模校ながらなかなかいい選手がいます。今年も新1年生が健脚ぞろい。今年も目が離せません。

 小学女子は先ほど行われた井波さんさん祭りのリレーでも優勝しています。

 大人は小学校の先生が二年連続コース記録樹立。利賀の大学生がダントツの走りを見せました。保育園から後期高齢者(?)まで皆で走った楽しいマラソン大会でした。例年ですと桜が満開のはずが今年は花がちらほら。寒い春なんですね。

 

関東利賀村会総会に出席。

2008年04月20日
 朝のフライトで上京。第11回関東利賀村会の総会に出席。
記念撮影後決算報告、役員改選などが行われ総会終了。そして懇親会。約80名程が出席。県人会、城端、井波、福光、五箇山出身会の方々も来ておられました。

 行政センター長の挨拶後城岸議員の乾杯で懇親会が始まりました。



 フラダンスショー、朗読、歌謡ショー、カラオケ等と続き、豪華賞品がもらえる抽選会等盛りだくさん。

 たくさんの方々とお会いし、ふるさとを想う気持ちをありがたく、頼もしく感じました。

 地元上畠出身の方々も来ておられ懐かしい話で盛り上がりました。
ほかに久しぶりに中学の1年先輩の方々や、姉の同級生。いろいろお知り合いもおられ楽しい時間を過ごしました。


 ちなみに、我がおじさん、弟、従兄弟と親戚も来ておられ懇親会終了後は弟家族らと二次会へ。

 昼からの懇親会でホテルに帰るなり7時に爆睡。

 今、変な時間に目が覚めたのでブログっている次第です。

 そば祭りにも来ていただきました、利賀ファンの方とも再会できました。冬のそばと雪像が忘れられないとか。ありがたいお話です。

 弟は明日から上海への出張。さらに25日に帰国し職場が有る六本木ヒルズの5周年記念パーティーに出て、26日我が家の法事のために帰郷予定です。なかなかハードな1週間。気をつけて。

いい天気で。

2008年04月21日
 今朝10:50の羽田発で帰りました。演出家の鈴木さんら3名と一緒に利賀まで。富山は快晴。八尾では木々の新芽が輝いていました。
 桜も咲いており東京でだいぶ前に桜を見た方なのでタイムスリップしたようだとのことです。桜前線いよいよ利賀に入りました。

 scot後援会の打ち合わせをし、夜はスターフォレスト利賀の総会と上利賀振興会の臨時総会に出席。

 大学生協の撤退により上利賀振興会において清算と今年度の管理組合での運営方針を提案しました。

 予約受付と食事と宿泊はふるさと財団に委託。経費を、特に固定費を徹底的に減らし、様々な事業を取り入れ、地域の方々の雇用も考え、皆で使える。使いたくなるスターフォレスト利賀にしたい。現在ある民宿やそば屋さんとは更なる連携をし、お互いが誘客できる仕組みを創りたい。
 そのことで少しでも地域に元気が出ればと。

 今回はいろいろ考えさせられました。いつも人のフンドシでいたような。力を合わせて真剣に取り組みたい。
 地域で地域を考えることのきっかけになることだけでも重要なことだ。

 負けんぞー!!

明日早朝より岡山県、島根県まで出張します。24日まで。
過疎地の高齢者福祉と子育て支援、病院診療体制について勉強してきます。

民生病院常任委員会視察初日

2008年04月22日
 久しぶりにJRにて岡山へ。民生病院常任委員会の視察へ出かけた。
今回は岡山県新見市、真庭市、島根県雲南市を主に
 高齢者福祉推進事業について
 子育て支援について
 病院診療体制について  視察を行った。

中国地方は南砺市とよく似た多くの町村が広い範囲で合併したところが多く、さらには過疎と高齢化の進んだ地域が多い。南砺市とよく似た問題点が見える。

 新見市は新見市、大佐町、神郷町、哲西町が平成17年3月31日に合併した。面積793平方キロで人口35600人。

 ラストワンマイル事業といって各戸に光ファイバーを引き、緊急通報システムを整備されていた。
 福祉には大変力を入れてるようだが、少子高齢化は更に進んでいるようで、高齢化率34.2%。832集落のうち142集落が限界的集落となっている。独居老人や老人のみの家庭が増えており、何かの時の通報システム完備ということになっっているらしい。

 町の至る所に平沼代議士のポスターが張ってあった。


民生病院常任委員会視察 二日目

2008年04月23日
 今日は最初に岡山県真庭市。9町村が合併した真庭市。人口52000人。面積828キロ平方メートル。大きい山間地の多い市だ。

 高齢者福祉事業。子育て支援の事業の説明をお聞きした。さらには湯原温泉病院にて病院事業と診療所などについて研修を行った。

 午後は雲南市。こちらも6町村が平成16年11月1日に合併した市。
同じく高齢者福祉事業、子育て支援、病院診療体制について研修した。

 ともに医師不足の病院を持っており悩みは南砺市とも似通っている。
真庭市はバイオマスタウン事業を積極的に展開しており、最近は木材などによるエタノール燃料の事業を三井造船の力を借りて行っている。

 バイオマスについては資料を後ほど送っていただくこととした。

 温泉病院でも院長が井波に来たことがあるということでいろいろ見せていただいた。リハビリ室で今年から始まるメタボ対策の機器等を見せていただいた。

綿貫代議士にばったり!

2008年04月24日
 今日は午前中大急ぎで出雲大社に参拝し、足立美術館を駆け足で回って羽田経由で帰る予定だ。

 なんと足立美術館で綿貫代議士一行とばったり遭ったのだ。綿貫氏は地元の青木参議院議員と堀内光雄代議士と一緒だった。驚いた。

 綿貫氏も大変驚いた様子でした。



 今回の視察は過疎に悩む、平成の合併をした市を視察したことで南砺市の福祉事業や子育て支援策、さらには病院事業等様々な点で南砺市の問題点が日本の問題点であることや、他の過疎地の少子高齢化を見ることができ大変よかった。同じ悩み、同じ境遇にある場所を視察すると色々解りやすいのだ。悩みも本音も。

 

光に!

2008年04月25日
 光市母子殺害事件では18歳と1ヶ月の少年に最高刑死刑の判決が出されましたね。小さい子どもと奥様を殺された被害者は一生懸命命をかけて罪を償ってほしい。その方法は死刑しかない。と言っておられました。

 少年と言えど18歳の男が幸せな家庭を壊す権利はない。罪は受けなくてはいけない。そう思います。

 そういえば今年の東大の入学式で建築家安藤氏が子離れしない親をしかったニュースを読みました。子離れしない親。親離れしない子。しかし事件は確実に小年齢化している。このことが幼いからとか。まだ子どもだからとかではない。親も家族も社会も考えていくべきことがたくさん有るような気がする。ちなみに我が家は娘の入学式に行きませんでした。

 題名の「光」から話が事件に行きましたが。今日のネタは光ファイバーでした。砺波市には来てるのに南砺市にはないのが光ファーバー。

 今日子どもたちのアパート部屋に光ファイバーを引きました。娘のパソコンが繋がりました。さくさくっと動いています。はやー!

 最近アパートを借りる条件の一つにフレッツ光が引かれているかどうかが決め手になる場合も有るらしい。住宅地も。

 そうなると南砺市はいやはや何とも。情報格差が大きく開いてしまっている。昨日まで視察してきた岡山県も情報格差是正のために県と市町村が必死で取り組んでいる。

 これからの南砺市づくりにも光は大変重要となりそうだ。

 夜は利賀ダム口山地区連絡協議会の総会に出席。平成20年度の関係箇所の工事発注状況や、今後の事業について説明が有りました。
役員改選は宛職以外留任でした。

法事

2008年04月26日
 利賀の桜も散り始めました。
スターフォレスト利賀の前の桜の下はピンクのきれいな花びらが舞っています。



さて今日はいい天気。家の前の田んぼも粗起し。



しかしながらそば祭り会場にはまだステージの残骸が残っています。



今日はやいばあちゃんの23回忌。ときばあちゃんの3回忌法要でした。
遠くからごく身近な親戚にお参りいただきました。
大変ご苦労された、又かわいがっていただいたばあちゃんの供養の日。
新しく兄弟の子ども等が加わって。。先祖のおかげで皆元気で生きています。


自民党利賀支部総会

2008年04月27日
 法事のために遠くから来ていただいたおじさんや弟たちが帰り、甥っ子、姪っ子がいなくなった家でぼーっとしているのもつかの間。

午後はふるさと財団会議、そして自民党利賀支部総会でした。

 来賓に山辺県議、河合参議秘書をお招きしての総会。平成19年度党務報告並びに決算報告、平成20年度予算等ご承認いただきました。

 ところで利賀地域内花いっぱいです。






家の前の桃の花も咲き始め、桜と桃の花がいっぱいです。
桃源郷です。5月4日は春祭り。花と同時に春の息吹に心も体も踊りだす獅子舞の祭り。

どうなる!nippon!

2008年04月28日
世界にチベット人権問題を提起した今回の問題は大きな社会問題化したことから言えばチベット人としてはよかったのだろう。しかし、メディアや情報操作甚だしい中国の対応は中国餃子問題以降我々にとって大きな不満、不安の種となっている。

 又、各国の聖火リレーで気になるのは中国の国旗ばかりが目立つことだ、異常だ。もっと五輪旗が目立つべきなのではないだろうか。

 そんな中で北京オリンピックの出場選手が決定していく。県内関係者もバドミントンや陸上競歩競技で既に切符を手にしており期待するところだが、これから日本のメディアは異常なくらいメダルの数についての報道をするのだろう。世界でのランキングも気にせず勝手にメダル予想をしてしまう。そして予想に反して少なかった時は勝手に責任や原因を追求するのだろう。とにかく日本選手には日本人らしく正々堂々とがんばってほしい。がんばれNIPPON!

 山口県で行われた衆議院議員補欠選挙で自民党は敗北した。原因は後期高齢者医療制度と揮発油税の問題だろうが、後期高齢者医療制度については国や行政と若者と高齢者もともに助け合う制度のはずなのに説明不足から乳母捨て制度とまで言われている。道路特定財源についても悪の様に。。。。
 
 政府自民党もふがいない。しかしながら民主党も単なる反対野党。新たな元気な日本を考えるには何とも不安だ。もっとスピードあるリーダーの元に、ベテランも若い政治家も官僚も一緒になって将来の日本を考えてほしいものだ。

桃源郷

2008年04月29日


我が家の玄関先の桃の花とシバザクラがきれいに咲きました。
我が上畠地区は至る所に桜と桃の花が植えてあり大変きれいです。

 5月4日には上畠神明宮に獅子舞を奉納する春祭りが行われます。天気も良さそうです。きれいな花の道を大獅子が練り歩きます。遊びにきてください。

 今日は親戚の五十回忌法要とおじいさんの米寿のお祝いの法事にお参りいたしました。50回忌法要というのはめでたい法事です。そして米寿ときたら。親戚、家族一同に介したすばらしい法事でした。

 夜は獅子舞の練習。娘が獅子取りの練習をしています。
かつては男の子だけの獅子舞でしたが、子どもが少なくなって最近は女の子が大事な戦力です。


再可決!

2008年04月30日
 参議院にて60日間審議されなかった「ガソリン暫定税率を復活させる税制改正法」が「みなし否決」となり衆議院本会議にて自民公明与党3分の2の賛成で再可決された。
 衆議院は大荒れで今後も国会攻防の激化は必至の状態だ。
 国民はねじれ国会による政争に巻き込まれた形となってしまった。しかしながら政府もしっかり説明しないと多くの国民が自民党に「NO」という可能性が大いにある。

 この法律が成立しない場合南砺市においても道路建設等に8億以上の影響が出ると言われている。他に県が事業主体の合併支援道路や県道、安全施設等に大きな影響が出る。現在整備が完成している部分は問題はないが、補修修繕や現在改良中の道路についても建設が先送りになる。
 実際成立しない場合6億5千万ほどが歳入欠損となるところだった。
実際に4月分の未収入分については国によって補填していただき地方財政の欠損のないようにしていただくものとしてようやく予算執行ができる状況になりそうだ。

 もしこの道路特定財源が復活しなかったら道路事業はストップするだけではなく福祉、教育にまで影響が出る可能性もあった。

 しかしながらこの道路特定財源については平成21年度より一般財源化されるという首相の提案もある、無駄のない、公平な財源として環境、福祉等にも使える事になるようだ。この事により地方の社会資本整備が遅れないようにしていただきたいが。。。

 これを機に徹底的に無駄を無くし、国民の目線で均衡ある国土の発展を願うものである。そしてそのしっかりいただいたガソリン税がどこに使われ、どうなったか国民にPRしていかないと失いつつある信頼は戻らない。我々も常にそのような気持ちで取り組んでいかなくてはいけない。
しかしガソリン160円は私も痛い。早く安い電気自動車出ないかなあ。これ本音。。。。。
作者 : 田中幹夫

南砺市長。 人が好き。南砺が好き。企業・利賀村役場職員を経て南砺市議会議員。そして2008年2代目「南砺市長」当選。53歳 市政・地域おこし・まちづくり・グリーンツーリズム・スキー・そば・ネパールなど様々な話題を提供します。南砺市利賀村で母、妻、長女(看護師)、長男(大3)、次女(大1)家族。

2015 年
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
2014 年
12
2013 年
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。